『ツイン・ピークス』俳優、恋人の殺人未遂で逮捕

8月18日(金)16時0分 女性自身

女性自身[光文社女性週刊誌]

写真を拡大


5月19日、LAでの『ツイン・ピークス The Return』プレミアに出席したジェレミー・リントホルム


(写真:Shutterstock/アフロ)


日本における海外ドラマブームの火付け役とも言える、デヴィッド・リンチの『ツイン・ピークス』。25年の年月を経て、待望の続編『ツイン・ピークス The Return』が放送されている。本作に出演した俳優ジェレミー・リントホルム(41)が、恋人をバットで殴りつけたとして、殺人の疑いで逮捕された。


ワシントン州東部の都市スポケーンの警察が発表したプレスリリースによると、「男が女性をバットで襲っている」との通報を受けて現場に急行。リントホルムはバットを手にしたまま逃走を図ったが、押さえ込まれて投降したという。


被害者の女性は頭や顔を12回以上もバットで殴りつけられており、首を絞めようとした痕もあったという。第2級殺人未遂罪、第2級暴行罪を含む複数の容疑で逮捕されたリントホルムは、「殺したかった」と、明確な殺意があったことを匂わせている。女性は病院に運ばれたが、命に別状はないという。


リントホルムは2010年頃から活動している俳優で、主にビデオ作品や短編映画、B級ホラーに出演してきた。メジャー作品への参加は、今回の『ツイン・ピークス The Return』が初めてであり、今後の可能性を自ら潰してしまったと言える。


スポケーン警察は、ドメスティックバイオレンス(DV)の深刻性について警鐘を鳴らし、「DVを受けている人を知っていたら、是非報せてほしい」と、プレスリリースを結んでいる。

女性自身

この記事が気に入ったらいいね!しよう

殺人をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ