鈴木達也、準決勝敗退 敗因は「勉強不足」/麻雀・RTDトーナメント2019準決勝B

8月19日(月)9時0分 AbemaTIMES

 「RTDトーナメント2019」セミファイナルB(準決勝) 3・4回戦(全4回戦)が8月18日に放送され、鈴木達也(協会)が4回戦を3着で終え、トータル4位で準決勝敗退となった。

 鈴木の決勝進出条件は10万点オーバーのトップが必須という厳しい状況だったが「卓上のファンタジスタ」とも呼ばれる構想力と打点力を総動員すれば、可能性はゼロではなかった。しかし劣勢を打開することは叶わなかった。

 鈴木は実際、2回戦を3着で終えた時点で「今日はヤバイかもしれない」と感じていたという。「いい時はリーチしてすぐツモったりと、そういうパターンが結構あることなんですけど、今日はアガリが遠すぎる」と終始苦しんだ準決勝となった。

「ここ最近ですけど、ちょっと戦い方を変えたほうがいいのかなといろいろ考えたりしながらやっていたんです。まあ勉強不足なんですかね。そうだと思います」と敗北を受け入れ、捲土重来を誓った。【福山純生(雀聖アワー)】

【セミファイナルB 4回戦の成績】

1位 内川幸太郎(連盟)3万6300点 +56.3
2位 石橋伸洋(最高位戦)2万9400点 +9.4
3位 鈴木達也(協会)2万1000点 ▲19.0
4位 藤崎智(連盟)1万3300点 ▲46.7

【セミファイナルB 最終結果】
1位 内川幸太郎(連盟)+107.7(4/4)
2位 藤崎智(連盟)+18.6(4/4)
3位 石橋伸洋(最高位戦)+11.8(4/4)
4位 鈴木達也(協会)▲138.1(4/4)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆RTDトーナメント2019 2016年から3年に渡り行われてきた「RTDリーグ」から、トーナメント方式に変更。昨年行われた「RTDリーグ2018」の予選リーグ(WHITE・BLACK)の上位各6人、推薦枠として2人の計14人に加え、予選リーグ7位の2人と新規参戦2人の4人による入れ替え戦(サバイバルマッチ)から上位2人が本戦に進み、計16人で行われる。16人はA〜Dの4グループに分かれ、半荘4回戦で対戦。トータル2位が準々決勝A(上位3人が準決勝進出)、同3位が準々決勝B(上位1人が準決勝進出)へ、同1位は準決勝(上位4人が決勝進出)に進む。主なルールは一発・裏ドラ・赤(各種1枚)あり、全自動卓による自動配牌のMリーグルール。

(C)AbemaTV

▶ついにベスト4が確定!【見逃し視聴】RTD TOURNAMENT 2019 Semifinal B 3・4回戦(石橋・内川・鈴木・藤崎)

▶優勝はなんとチェアマンチーム! Mリーグ駅伝 最終日 ※見逃し視聴

AbemaTIMES

「RTD」をもっと詳しく

「RTD」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ