石田ゆり子、三谷監督にコメディエンヌの才能をアピール「私おもしろいんですけど」

8月19日(月)21時25分 クランクイン!

映画『記憶にございません!』レッドカーペットイベント・完成披露試写会舞台挨拶にて クランクイン!

写真を拡大

 俳優の中井貴一が、19日に都内で行われた映画『記憶にございません!』のレッドカーペットイベントと舞台挨拶に出席。“所信表明演説”を行い、同作をアピールした。 イベントには中井のほか、ディーン・フジオカ石田ゆり子草刈正雄佐藤浩市、斉藤由貴、木村佳乃、吉田羊、三谷幸喜監督が登壇した。

 同作は、三谷監督の長編映画監督作品で、記憶をなくした総理大臣が主人公の政界コメディ。史上最低の支持率を叩き出した主人公・黒田啓介を中井が演じる。

 レッドカーペットで中井は“所信表明演説”を披露。中井は三谷監督の草案を手にし「私も老眼が始まりまして、字が小さすぎて読めない」と笑いを誘った。また「皆様の笑いによって、この映画を完成させていただきたいと思います」と同作をアピールした。

 舞台挨拶で中井は「コメディ映画ってのは、役者がコメディをやっちゃうほど失礼な話はないんです。三谷幸喜の本ていうのは、役者がコメディをやらなくてもおもしろくできているんです」と熱弁。三谷監督は「その割にはおもしろい顔するじゃないですか」とツッコんだ。

 コメディエンヌの才能があると三谷監督に直談判したという石田は「三谷さんは厳しい方なので、力がない人は使ってもらえないのはずっと分かってたんですね」と告白。呼ばれないのはそこに及ばないからだろうと考え「黙っていたら絶対に呼んでもらえないと思った」と心境を語った。

 その考えから石田は「私割とおもしろいんですけどって、ずっと言ってはいた記憶はあります」とアピールしていたことを明かした。三谷は石田のおもしろさはいつか作品で見せたかったと話し「今回は難しかったですけど次はぜひ」と冗談混じりにコメント。石田が「今回ダメでしたか?」と真に受けると三谷は「冗談ですけど。彼女がすごい傷つきやすい方だっていうのを忘れてました(笑)。もちろん素晴らしい石田さんが見られますので」と話し、会場を笑わせた。

 映画『記憶にございません!』は9月13日全国公開。

クランクイン!

「石田ゆり子」をもっと詳しく

「石田ゆり子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ