横澤夏子が答えます「『熱ちち♪』が、かわいすぎてイラッ!」

8月19日(土)16時0分 女性自身

女性自身[光文社女性週刊誌]

写真を拡大


そこのあなたにロックオン!


キメつけ炸裂、偏見連発、ゴメンなさいっ!!


横澤夏子が鋭い観察眼でチェックする「週刊ヨコナツ砲」拡大版スペシャル。


今回は夏のスペシャル「横澤夏子 キメつけ炸裂★ゴメンな祭」!


読者のみなさまから寄せられた「〇〇な女たち」をまとめて横澤サンがキメつけ!!


ヨコナツ砲撃ちまくりでゴメンなさ〜い♪


【Q】“とっさの言葉”がかわいくてイライラ


熱いものを触ったときに「あちちっ」っていう新入社員女子にイラついてしかたありません。とっさに出るはずの言葉でどうしてそのようなかわいらしい言い回しができるんでしょうか? お茶くみのたびに「あちちっ」。もちろん痛いときは「いたたっ」。私の場合は「あっづ!」とか「いだだだだ」とか濁点が入るんですが、これ自然ですよね? 夏子さんどう思いますか?(福岡県・唐紅・33歳・OL)




【A】そんなのレッドカードでソッコー退場!


私は道を歩いててどこかにぶつかって痛かったら「いっだ!」って、あえて大声で怒りを表しちゃうタイプです。たとえほかに人がいたとしても(笑)。「あちちっ」でもイラつきますけど、まだイエローカード。「あちちちっ」「いたたたっ」て同じ文字が3回続いたらレッドカードで、かわいさアピールと判定します。男性の目を気にしてると思うんですよ明らかに。ソッコー退場してもらいたいですね。とっさの言葉が長すぎると逆にかわいくないというのもポイント。「いたたたたたたた」だと、急にお母ちゃんぽいから許します。「た×7回」だとお母ちゃんになりますよね。明るいお母ちゃんだとそのまま歌いだすパターンもありますね。

女性自身

この記事が気に入ったらいいね!しよう

横澤夏子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ