黒羽麻璃央×植田圭輔×水江建太、新ドラマでドタバタコメディ

8月19日(月)12時0分 マイナビニュース

俳優の黒羽麻璃央、植田圭輔、水江建太が出演するドラマ『パパ、はじめました』が、BS日テレで9月2日から放送開始されることが決まった。Yahoo!JAPANでは先行配信が行われる。

このドラマは、黒羽演じる成瀬光太郎が、事故で亡くなってしまった遠い親戚の一ノ瀬傑(シソンヌ・長谷川忍)から、一人娘の雛(早坂ひらら)と千葉の海岸にあるカフェ「スカイブルー」を託されたことから始まる。光太郎の幼なじみで秘かに想いを寄せる上月和泉(植田)や、店の常連だったミュージシャンの遊佐麗音(水江建太)も住み込みでカフェを手伝うことになり、3人の若者と1人の女の子の奇妙な同居生活が展開されるドタバタ劇のコメディだ。

消費者金融の借金取りながら、店番などを手伝うようになる篭谷吉平役で、さらば青春の光の森田哲矢も出演。森田は、三田卓人氏、川尻恵太氏、どきどきキャンプの佐藤満春とともに、脚本も担当する。

黒羽は「今回、生まれてはじめてパパ役をやる黒羽麻璃央です。まさか自分がパパになる日がこんなに早く来るなんで思っていなくて、自分が一番びっくりしています。この作品は笑いあり、涙ありの家族の物語だったり、時には友情もあったり、毎話毎話、変なゲストが来たりと内容盛りだくさんになっています」とコメント。

植田は「この作品はのんびり、ほっこり、クスりと笑えて、最後にはいい1日だったと思えるような作品です。和泉は光太郎大好きな子です。はい。大好きなんです(笑)。見てもらえればわかるはず! 絶対見てね!」、水江は「変な曲ばかり作るアーティスト役なのですが、実際に僕が作曲した歌を披露させていただきます。 ぜひ、温かい耳でお聴きください。良い意味で“ゆるふわ”なこの作品を見て、幸せな気持ちになっていただけるとうれしいです」と呼びかけた。

また、早坂は「今までに演じたことのない役です。新しい私を見ていただきたいと思います。私もお兄ちゃんたちと撮影しながら、雛がどうなっていくのかワクワクします」、長谷川は「『一ノ瀬傑』の『傑』という字を、初めて見るなぁ〜という感情が先に来ました。いや、よく見ると『傑作』という字だということに気づきました。しかし、単体でみると初めまして感が否めない、不思議な字だなぁと。他にも、そういう字ってありますよね?」、森田は「レギュラー陣の役者さんたちが本番中のアドリブでギャンギャンにいじってくるので、クランクアップしたら説教でもしたろかなと思ってます」と、それぞれ語っている。

放送は、BS日テレで9月2日から30日(第5話)まで毎週月曜24時から(15分枠)。10月8日(第6話)から最終話(第12話)まで、毎週火曜24時から。

配信は、Yahoo!JAPANトップページ、もしくはYahoo!JAPANアプリで、9月1日(21:30〜22:29)から開始し、以降毎週日曜21:30に最新話を更新する。

(C)NTV

マイナビニュース

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ