昭和から平成・令和へ、年相応の魅力を発揮し続ける女優・田中裕子

8月19日(月)7時0分 オリコン

映画『ひとよ』(11月8日公開)白石和彌監督と田中裕子(C)2019「ひとよ」製作委員会

写真を拡大

 元号が「令和」に代わってすぐの5月某日。関東近郊の飲食チェーンの路面店が点在する国道沿いの一画で、映画の撮影が行われていた。その場にいたのは、珍しくヒゲを生やしていた佐藤健鈴木亮平松岡茉優、筒井真理子、韓英恵、そして田中裕子。『凶悪』(2013年)、『日本で一番悪い奴ら』(16年)、『孤狼の血』(18年)、『凪待ち』(19年)などの作品で知られる白石和彌監督の『ひとよ』(11月8日公開)の現場だった。

 同映画は、鶴屋南北戯曲賞、読売文学賞戯曲・シナリオ賞などを受賞した注目の劇作家・桑原裕子率いる劇団KAKUTAの同名舞台作品が原作。ある日の夜に起きた事件によって、人生が大きく狂ってしまった母とその子どもたち三兄妹が15年ぶりに再会し、葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した絆を取り戻そうとする様を描く。脚本は、白石監督と何度もタッグを組んできた高橋泉氏(※高=はしご高)が担当した。

 舞台では母・こはるが主人公だが、映画は佐藤健が演じる稲村家の次男、雄二が主人公。雄二は、15年前の事件に囚われ、家族と距離をおき、東京でうだつのあがらないフリーライターとして働いている。町の電気屋に勤務し、三兄妹で唯一自身の家庭を持つが夫婦関係に思い悩み、幼少期より人とのコミュニケーションに苦手意識を持つ長男の大樹は鈴木亮平。大樹と雄二の妹で、事件によって美容師になる夢をあきらめ、スナックで働きながら生計を立てる園子を松岡茉優が演じる。

 4月からNHK・BSプレミアムで再放送されている連続テレビ小説の超名作『おしん』を観ていて、ちょうど少女期の小林綾子から青春・成年期の田中裕子に代わったばかりのタイミングだったせいか、目の前を横切った時は、“あの田中裕子さん!”と、思わずかしこまってしまった。余談はさておいて、この日の田中は、散髪用のケープをかけた地味な格好をしていたが、モニタに映し出される姿の整った感じといったら見惚れるほど。

 モニタを覗かせてもらったシーンは、こはる(田中)が娘の園子(松岡)に髪を切ってもらうため、中庭で一人座って待っている短いシーン。詳しいことは知らなくても、こはるという女性が、その年齢になるまでに味わった苦しみ、悲しみ、そして、幸せもあったことが伝わってくる気がした。女優・田中裕子の芝居を目の当たりにすることができた、貴重な経験だったのかもしれない。

■映画『ひとよ』白石和彌監督「2年待った」

 本作のこはる役に「田中裕子」を推したのは、他ならぬ白石監督。プロデューサー陣も異論はなく、まず、田中に出演交渉したという。田中は当初から出演に前向きだったというが、クランクインにこぎつけるまで「2年くらい待ったんじゃないかな」(白石監督)と明かす。

 原作の舞台を見た映画プロデューサーの長谷川晴彦氏(ROBOT)から映画化を提案され白石監督にとっては、「人と人とのつながりや関係性の変化を、家族を通して描いてみたいと思っていて。初めて家族をテーマにした映画に挑んだ」新境地。結果的に「後から取り掛かった『凪待ち』の方が先に撮影、公開されたけれど(笑)」、田中の出演が実現した。

 「田中裕子さん演じるこはるは、15年前の“一夜の出来事”があったから、現在があるという物語を導く人物。その強さが、この映画の強さになる。田中さんがこれまでにやってこられたすべての仕事を鑑みても、その存在感、女優としての大きさが、直接この作品のこはるとして輝く確信がありました」

 田中の存在感はカメラの前だけではなかったようで、「きょう撮ったシーンは、中庭ではなく、ガレージで撮るつもりでした。それが、きのうの夜、田中さんから『空を見上げて、風を感じたい』という申し出があって。僕も内心、中庭がいいと思っていたんですが、狭くてセッティング大変なのでガレージにしたんですが、田中さんが僕の背中を押してくれました」(白石監督)。

 案の定、狭い中庭での撮影は予定よりも時間がかかってしまったが、次に予定していたシーンが図らずも「映画用語でいうところのマジックアワーになって、健くんもいい顔していた」と、映画の神様に感謝する白石監督。「毎シーン、毎シーン、発見したり感動したりしながら撮れているので、いい映画になる手応えを感じています。自己最高傑作になることを僕自身も期待しています」と話していた。

オリコン

「令和」をもっと詳しく

「令和」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ