芦田愛菜、驚きの読書スタイル告白で「リアル二宮金次郎?」 10歳上までOKな恋愛観には「犯罪だよ」の声

8月19日(土)9時0分 おたぽる

『誰だって波乱爆笑』番組公式Twitter(@haran_bakushou)より

写真を拡大

 13日に放送された『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)に女優の芦田愛菜がゲスト出演。読書好きであることを語った際、「歯磨きをしながらでも、本を読んでしまう」と告白し、「どんだけ好きなの!」「リアル二宮金次郎?」などとネット上がざわついた。

「小学校低学年の頃にはすでに月30冊、多い時で50冊も本を読んでいたという芦田ですが、その時はすでに売れっ子子役として多忙を極めていたため、『どこにそんな時間があったの!?』『双子じゃないよね?』などと驚きの声が飛び交っていました。芦田は今でも月に15冊は読書をし、時には歯磨きをしながら読むこともあるそうですが、中学受験のために1日12時間の猛勉強をしたという逸話も含め、『美少女ぶりも崩れないし、いろいろとすごい』『才色兼備を地でいってるね』などと称賛の声が相次いでいるようです」(芸能関係者)

 同番組では芦田の恋愛観について触れる場面もあったが、交際OKな年齢差が10歳までと語った際には「10歳上の男が愛菜ちゃんと付き合ったら完全に犯罪だよ」とファンが騒然となった。

「好きな男性のタイプについて“何かに一生懸命になっている人や、目標が常にある人”と語った芦田。恋愛対象となる相手の年齢を聞かれると、『あんまり離れているのも嫌』としつつ10歳上までならOKと答えたのですが、芦田は現在13歳ということで、『23歳のヤツが付き合ったら完全にアウト!』『愛菜ちゃんが成人するまで彼女をつくらずに待ってるからね』などとファンが色めき立ったようです。また、バレンタインデーにクラス全員にチョコをプレゼントしたというエピソードについては嫉妬の声が殺到していました」(同)

 子役は大成しないといわれるが、努力家の芦田には女優としてまだまだ伸びしろがあるようにも思える。別の番組では将来の夢について病理医になることだと語っていたが、日本の演劇界のためにも女優業は続けて欲しいと願う人は少なくないだろう。

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

芦田をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ