BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

都議選総括、人々が保守政党を欲していることは明らか

NEWSポストセブン8月19日(土)16時0分
画像:政治評論家・屋山太郎氏
写真を拡大
政治評論家・屋山太郎氏

 長年、自民党政治を観察しつづけてきた政治評論家の屋山太郎氏。安倍政権を支持する姿勢を明確に打ち出してきた同氏だが、さすがに今の状況を見て、「自民党と切磋琢磨するもう一つの保守政党が必要だ」と指摘する。


 * * *

 今の日本の政治は「安倍一強」で、歴史的にも永く自民党が強いと言われてきた。確かにそれは事実であったが、実態は自民党に対抗できる野党がいないため、結果的にずっと自民党が与党を務めてしまったという側面もある。結果的にこれが自民党、自民党政治の腐敗を助長することになった。


 自民党政治は過去、何度か存亡の危機を迎えてきた。それを打開しようとしたのは1994年の選挙制度改革だった。


 1996年の衆院選では、それまでの中選挙区制から現在に至る小選挙区制に切り替わった。当時、国会で「政治改革に関する調査特別委員会」を設けて議論し、それに私も加わっていた。

 

 小選挙区制導入は、自民党政治が長引いたことによる政治腐敗を何とかしようという意図が前提にあった。田中角栄総理以降、自民党の金権政治が目に余ると国民から声が上がり、自民党に対する信頼感がどんどん落ちてきていたことへの対応策でもあった。


 そこで、なぜ自民党が国民の信頼を得られなくなったのかを考えた時、「選挙制度に問題があるのではないか」という問題点に逢着した。


 中選挙区制では、自民党の与党体制は揺るがない。しかし、永年の一党体制では徐々に腐敗を生む。だから「政権交代がある選挙制度に改めねばならない」という結論になった。そのために「政権交代可能な保守2大政党」の時代を目指したのだ。小選挙区制への移行は、この「保守2大政党」の存在が大前提でもあったのだ。自民党にとっては盤石の立場を脅かすものだが、自民党内からも「政治不信をなくすために“腐敗臭”をなくそう」と多くが賛同し、導入された。

 

 それから十数年後、確かに小選挙区制のもとで一度は民主党政権が誕生し政権交代は行われた。だが、すぐに国民の信頼を失い、自民党政権に戻った。当時の民主党政権を支持する国民は少ないだろう。7月の東京都議選で大敗を喫し、共産党に支えられる立場になってしまった民進党が今後、政権を取る可能性は限りなく低い。


 つまりは、今でも結党以来の自民党政権が続いている、日本はずっと自民党が与党でいるということだ。それは、保守政党が自民党しかなかったことの表れでもある。健全で真っ当な対抗馬がいないことが、今の自民党の悲劇であるとも言えるのだ。


 7月の東京都議選では、“反安倍”を掲げた勢力は力が及ばず、決して反安倍を標榜しなかった都民ファーストが大勝した。これは都民ファーストが自民から離れた票の受け皿になったわけで、人びとが保守政党を欲していることは結果を見て明らかである。


 今後、自民党が真の保守政党になるためには、若手議員の再教育と宏池会系議員の排斥が必要だ。並行してやはり自民党に対抗できる別の保守政党が必要だ。国民も、自民党に対抗できる保守政党を欲している。


 今回、小池都知事が勝ったことは朗報かも知れない。小池氏も保守と見ていい。大阪維新を立ち上げた橋下徹氏もいる。もしかしたら、この2人が組み、民進党内の保守派が加わることで自民党とは別の保守政党を誕生させられるかもしれない。今こそ、そうした保守政党が必要であり、その2つの保守政党が切磋琢磨することで日本はよりよい国になるはずだ。

 

【PROFILE】ややま・たろう/1932年、福岡県生まれ。東北大学文学部仏文科卒業後、時事通信社に入社し政治部へ。首相官邸キャップ、編集委員兼解説委員等を歴任。現在、日本戦略研究フォーラム会長。『安倍外交で日本は強くなる』『安倍晋三興国論』(ともに海竜社)など著書多数。


※SAPIO2017年9月号

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
政党のまとめ写真 自民党のまとめ写真 政治のまとめ写真 安倍のまとめ写真

「政党」をもっと詳しく

注目ニュース
しょこたんの愛猫マミタスが急死 ナリナリドットコム9月23日(土)20時30分
タレントの中川翔子(32歳)が9月23日、自身のTwitterで、愛猫のマミタスが急死したとファンに報告している。[ 記事全文 ]
元“女子高生演歌歌手”整形をカミングアウト 元ギャル、結婚、子持ち…初告白の連続<歌恋> モデルプレス9月23日(土)10時0分
【歌恋/モデルプレス=9月23日】2009年に女子高生演歌歌手としてメジャーデビューした歌恋(24)が、23日の放送の「有吉反省会」(毎週…[ 記事全文 ]
吉良吉影が見られない!?山崎賢人「ジョジョ」映画版が大コケで続編は絶望的! アサ芸プラス9月23日(土)17時59分
興行成績ランキングで、初登場5位で、その後は10位圏外という山崎賢人主演の映画「ジョジョの奇妙な冒険ダイヤモンドは砕けない第一章」。[ 記事全文 ]
香取慎吾、最終回出演前ファンに笑顔で手を振る 日刊スポーツ9月23日(土)20時16分
ジャニーズ事務所から独立した元SMAPの香取慎吾(40)が23日、司会を務めるテレビ朝日系「SmaSTATION!!」(土曜午後11時05…[ 記事全文 ]
板野友美が元カレTAKAHIROに暴露攻勢 まいじつ9月22日(金)16時0分
(C)まいじつ9月1日に『EXILE』のTAKAHIROと武井咲と結婚を発表した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア