ゲス不倫宮崎謙介氏「今の時代に求めらている議員像」講座開催

8月19日(土)16時0分 NEWSポストセブン

「求めらている議員像」について宮崎氏が語る

写真を拡大

 世界遺産の京都・下鴨神社で驚きのイベントが開催される。9月5・6日に予定される「京都政務セミナー」のテーマは〈今の時代に求めらている議員像〉(ママ)。“前衆議院議員”による特別講座だという。誤字よりも気になるのが、講師の名前。あの宮崎謙介氏(36)である。


 宮崎氏といえば代議士だった昨年2月、「育休を取りたい」と宣言しておきながら、妻の金子恵美・代議士(39)の出産直前に女性タレントとの“ゲス不倫”が発覚。「不倫したいから休暇を取ったのか!」などの大バッシングを浴び、議員辞職した。安倍政権凋落の元凶と言われる「魔の2回生」の先駆けである。


 そんな宮崎氏が語るのはこんなテーマだという。1日目の午後の部では、〈なぜ議員の不祥事が起こるのか〉〈議員の常識、住民の非常識! 言ってはいけない失言〉〈どんな議員がこれからの時代求められるか〉といった内容。翌2日目の午前の部では、〈現代の政治倫理とは〉〈忖度と陳情の違い〉〈最近の議員辞職事例〉だという。


 セミナーのチラシには満面の笑みの宮崎氏が写っているが、彼は不祥事を起こし、政治倫理を問われ辞職したはず。何を語るというのか……。


 セミナーは午前と午後の部に分かれており、2日間で計4講座。受講料は1講座(2時間半)で何と1万5000円! ただし4講座すべてを受講すれば4万8000円となり、〈お得な20%OFF〉になる。


 宮崎氏は議員辞職後、昨年末に会社を立ち上げた。登記簿によると事業内容は、「神社仏閣の総合経営支援」「教育事業」「飲食業」「人材紹介・派遣業」「M&A業」など18項目に及ぶが、政治に関する事業は見当たらず。なぜ彼が、こんなセミナーに招かれたのか?


 本人を直撃した。


──なぜ政治に関するセミナーで講師を?


「あぁ、あの、私が主催したわけではなくて、ゲスト講師として呼ばれているだけなので……そういったことは主催者にお問い合わせいただけますでしょうか」


──セミナーでどんなことを話すのか?


「あの、いやいや、内容に関しては私がとやかく言う立場ではございません。趣旨と違うことを言ってしまってもいけませんので……。今、取り込んでいまして、失礼させていただきます!」


 慇懃な口調だが終始早口で肝心な部分については語らなかった。主催者代表に話を聞いた。


「このセミナーは議員さん向けなので、各地の地方議会事務局に案内を送っています。“しくじり先生”として宮崎さんに語っていただければ、受講者の方々の参考になると思いオファーしたら、意外にもご快諾いただきました。合計10時間も喋ることがあるのか? それは今から詰めていきます」


 不倫で辞職した宮崎氏に「俺のようになるな!」と言われて感銘を受ける議員がいたら、それこそ問題だ。


 ちなみに、セミナーの会場は100人以上入るが、現状は「ガラガラです」(主催者代表)とのこと。再びしくじるか──。


※週刊ポスト2017年9月1日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

不倫をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ