『情熱大陸』元号考案者とされる中西進氏に密着 終戦の日に詠んだ句に注目

8月19日(月)9時21分 しらべぇ

番組公式Twitterのスクリーンショット)

18日に放送された『情熱大陸』(TBS系)では、国文学者の中西進氏に密着。万葉集研究の第一人者である中西氏は、万葉集に由来する新元号の考案者と言われ、一躍世間の注目を浴びた。

考案者と言われても肯定も否定もしない中西氏は、講演やメディアの取材でにわかに忙しくなったという。


■終戦の日に一句

10を超える肩書を持つ中西氏。そんな中西氏が専門とする万葉集は、日本に現存する最古の歌集だ。1300年ほど前に編まれた万葉集には、天皇や貴族、名もなき人々による4,500首余りの歌が収められている。

中西氏は、万葉集と中国文学の関係を紐解く研究で、日本で最も権威ある学術賞「日本学士院賞」を受賞した経歴を持つ。

そんな中西氏が、令和初の終戦の日に一句詠み、中西氏は戦争について「もう絶対にその戦争…悪を繰り返してはいけないっていう、大きな大きな教訓」とした上で「自分だけの問題ではなくて、人間の問題として」と語った。


関連記事:令和からバーチャル化したお天気キャラクター・そらジロー 変身シーンに「衝撃…」

■俳句で戦争について考える

中西氏のこの俳句には考えさせられる視聴者が相次ぎ、その多くが「戦争を忘れてはいけない」と感じたようだ。


■世界平和を願う人の割合は

しらべぇ編集部が、全国20〜60代の男女1,357名に調査を実施したところ、69.0%が「世界平和を願っている」と回答。
世界平和を願っている性年代別グラフ

戦争の恐ろしさをより理解しているからか、年代が上がるほどに「世界平和を願っている」との回答が多くなっている。

当番組で、平和への祈りを込めた中西氏の俳句が詠まれたことで、戦争の恐ろしさについて考える機会となったのではないだろうか。


・合わせて読みたい→『情熱大陸』でラフティング日本代表に密着 マイナーなスポーツに魅せられる視聴者続出


(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年2月9日〜2018年2月13日

対象:全国20代〜60代の男女1,357名 (有効回答数)

しらべぇ

「情熱大陸」をもっと詳しく

「情熱大陸」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ