激ヤセ!糖質制限で“12キロ減”のはんにゃ川島が堪能できる「甘い蜜」とは

8月20日(火)14時15分 アサジョ

 お笑いコンビ・はんにゃ川島章良が8月16日に自身の公式ブログを更新し、独自の食事法により3カ月で12キロのダイエットに成功したことを報告している。

 タイトルに「だしダイエット」という見慣れない言葉を冠した川島。この「だしダイエット(通称だしエット)」なるメソッドは、朝と昼は何でも好きなものを食べ、夜ご飯のみを炭水化物抜きにし、なるべくだしを効かせた夕食にするというもの。これを川島は「5月から始めてた」とし、3カ月間試したところ、「結果的には81キロが69キロになりました。」とマイナス12キロの減量に成功したという。

 ブログ内には以前のふくよかでお腹の出ていたビフォー写真と、スッキリとマイナス12キロを達成したアフター写真を比較する画像も添付され、“だしエット”を実践する上での特徴として、摂取カロリーの抑制やムクミの予防、血糖値上昇の抑制、脳の活性化などが挙げられている。

「基本的に糖質を摂取した後の血糖値の上昇とインスリンの分泌を抑えることができれば、ヒトは痩せるとされていますが、“だしエット”の実践によって川島は夕食時の炭水化物を抜き、糖質摂取を最小限に抑え、血糖値上昇を小さくさせたことが素晴らしい結果に繋がったのかもしれません。もちろんだしも糖質の塊ではありますが、だしのみで味付けし、余計な調味料を足さないことで過剰な糖質の摂取を防いだものと考えられます」(エンタメ誌ライター)

 お腹のふくらみを解消し、スリムボディーを手にした川島だが、今後は糖質よりもさらに“甘くて健康的な未来”が待っているかもしれない。

「長年はんにゃでは相方の金田哲の陰に隠れ、存在感を見せつけることができていなかった川島ですが、今回の“だしエット”による12キロの減量はタレントとしてのターニングポイントになる可能性があります。ヤラセが不可能なダイエットでは激ヤセを達成したタレントは好感度がわずかながら上昇する傾向にあり、元々ダメキャラだった芸人であれば、12キロもの減量に実際に成功したことは大きなギャップとなって好評を得ることができます。また、書籍の出版依頼も得やすくなり、健康食品の企業からのタイアップも増えるでしょう。ブログの閲覧数増加や、川島が運営するYouTubeチャンネルも収益がかなり底上げされたはずです」(前出・エンタメ誌ライター)

 ダイエットに成功したタレントには、リバウンドへの関心や食生活への興味から、その後もしばらくは一定数のファン集客が見込めるケースもある。

 3カ月間にわたって糖分を我慢したことで、川島は様々な甘い蜜を吸うことができそうだ。

(木村慎吾)

アサジョ

「はんにゃ」をもっと詳しく

「はんにゃ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ