『Marvel’s Spider-Man』や『ラチェット&クランク』シリーズのInsomniac Games、SIEワールドワイド・スタジオの傘下に

8月20日(火)7時46分 電ファミニコゲーマー

  ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、『Marvel’s Spider-Man』『ラチェット&クランク』シリーズを手掛けたInsomniac Gamesを買収したことを発表した。
 買収額を含む金銭的条件等は非公開。Insomniac Gamesの今後の経営は、Insomniac GamesのマネジメントチームとSIEワールドワイド・スタジオのSan Mateo Studioが連携しながら進めていく予定となっている。

  ソニー・インタラクティブエンタテインメントとInsomniac Gamesは、これまで20年以上に渡り良好な関係を保ってきた。SIEの子会社であるNaughty Dogなどと協力して開発した『ラチェット&クランク』シリーズや、PlayStation 3ローンチタイトル『RESISTANCE〜人類没落の日〜』など、PlayStationの顔となるような作品に携わってきた。

 昔からSIEとのつながり強かった一方で、PlayStation 3とXbox 360のマルチプラットフォームタイトル『FUSE』や、Xbox OneとPCでリリースされた『Sunset Overdrive』など、PlayStation以外のプラットフォームでもゲームをリリースすることもあった。

(画像はInsomniac Games公式サイトより)
(画像はInsomniac Games公式サイトより)

 『Sunset Overdrive』のあとは、ふたたびSonyのコンソールでゲームをリリースするようになり、2016年にはPlayStation 4で『ラチェット&クランク THE GAME』をリリース。2018年にリリースしたオープンワールドアクションゲーム『Marvel’s Spider-Man』は全世界で1320万本を出荷するメガヒットとなった。

 SIEのプレスリリースでは、これまでにSonyのコンソールでリリースした作品がピックアップされているが、Xbox Oneでリリースされた『Sunset Overdrive』の権利はマイクロソフトではなくInsomniac Gamesが保有している。そのため、続編や関連作をPlayStationで作ることも原理的には可能だ。海外メディアIGNのインタビューでは、『Sunset Overdrive』のXbox One独占について同作のIPの保有を認められたため、Xbox One独占にサインしたことが語られている。

※続編製作について前向きな回答を行うInsomniac Games。

 SIEワールドワイド・スタジオにはNaughty Dogのほかに、『Horizon Zero Dawn』のGuerrilla Games、『inFAMOUS』シリーズのSucker Punch Productions、『Dreams Universe』のMedia Moleculeなど、錚々たるデベロッパーが参加している。今後はInsomniac Gamesも、その中でPlayStation向けの作品を作ることになる。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
古嶋 誉幸
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter:@pornski_eros

電ファミニコゲーマー

「SIE」をもっと詳しく

「SIE」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ