身長149cmの女子大生グラドル・十味、『影菱日向の二重恋愛』で初主演「リアル学生のときに逃した青春を取り戻しました」

8月20日(火)18時50分 オリコン

シネマ小説『影菱日向の二重恋愛』にて、主演・影菱日向役を演じる十味。

写真を拡大

 身長149cmの女子大生グラドル・十味(toomi)が、23日に公開されるチャット小説アプリ「peep(ピープ)」内のシネマ小説『影菱日向の二重恋愛』にて、主演・影菱日向役を演じることが分かった。十味はこれが本格的な演技初挑戦となる。

■シネマ小説『影菱日向の二重恋愛』主演・十味インタビュー

——今回、本格的な演技は初挑戦にして初主演です。

「正直、“主演です”と聞いた時は、“なんで私が主演に!?”と思いました。念願の演技のお仕事をいただけて嬉しかったのですが、恋愛系のストーリーということで青春に乗り遅れた私にできるのか不安でいっぱいでした。でもスタッフさん、共演者さんに優しくリードしていただいたおかげで、のびのびと演技ができたのかなぁと思います!それに!リアル学生の時に逃した青春も撮影時間だけは取り戻せた気がします(笑)」

——ドラマは、二重人格の少女がそれぞれ違う男性に恋に落ちてしまうというコミカルな学園ラブストーリーです。

「『ひなた』は学生時代の私と割と似ているなぁと思いました…! 私はひなたみたいに恋はしてなかったけど(笑)逆に『ヒナタ』は真反対です! 陽キャってやつですね! 私の中の元気な部分を凝縮して演じました。この正反対な2人を演じ分けるのが難しかったです…。ストーリーをまだ見ていない方は私が何を言ってるかわからないと思うので、本編が公開されたらチェックお願いします」

——撮影で印象的だったシーンを教えてください。

「水沢くん(大西翼)の胸ぐらを掴むシーンです! 初めて人の胸ぐらを掴んだのでなかなかうまくいかなくて…。水沢くん役の大西くんの襟がぐしゃぐしゃになるまで付き合ってもらってました、ごめんね水沢くん…」

——自分のなかで二面性を感じるところはありますか?

「自分は嘘がつけないタイプなので、あまり思い当たる節はありません。タレントってキラキラしてそう! と思われる方も多いと思うんですけど、私生活では外に出ることがほとんどなくて、連続した休みがあればすぐ実家に帰るような人種なので…。そういった意味では、皆さんは『二重』って感じるんじゃないかなぁ…?」

——ドラマを観て下さる方々に一言お願いします。

「はじめまして、この度影菱日向役を務めさせていただきました十味です! ミステリアスかつ甘酸っぱい青春をお届けできたらいいなと思います、公開まで楽しみに待っていてくれると嬉しいです」

オリコン

「恋愛」をもっと詳しく

「恋愛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ