田代沙織が第1子を妊娠 赤ちゃんは「歌丸師匠の生まれ変わり」?

8月20日(火)18時41分 しらべぇ

田代沙織(画像は田代沙織公式ブログのスクリーンショット)

タレントの田代沙織(35)が、アメブロ内の公式ブログを更新。第1子を妊娠したことを報告し、注目を集めている。


■落語のできる「落ドル」として活躍

田代沙織は、落語家の桂歌春(69)の長女としても知られるタレント。平成16年度に準ミス共立女子大学に選出されタレントとしてデビュー。落語のできる「落ドル」としても活動している。そんな彼女が第1子妊娠を報告したのは、20日。

「この度、第一子を授かりました爆笑 歌丸師匠の生まれ変わりだと、嬉しいな」


というコメントを添え、お腹の子供の祖父となる桂歌春が安産祈願をしている写真もアップしている。


関連記事:落語家・桂歌丸が肺炎で入院 デマも飛び交い一時ネット騒然

■「桂歌春の名跡を継ぐ?」の声

田代は2018年の7月に慢性閉塞性肺疾患のため横浜市内の病院で亡くなった桂歌丸さんの孫弟子。そんな彼女のブログには、

「産む直前まで&2ヵ月間の産休後は今まで通り精力的に仕事をこなして参りますので 今後も、お仕事のご依頼をお待ち致しております」


と、仕事に対する意気込みが綴られている。ブログのコメント欄には…

「おっ! おめでとうございます。男の子だったら、桂歌春の名跡継ぐんのかな?」


という声も寄せられていた。

■妊娠は報告しづらい?

ブログで妊娠報告をした上で、今後も仕事を継続する意思を示した田代。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の女性361名に「妊娠の報告」について調査したところ、3人に1人が「報告をしづらいと思った経験がある」と回答。年代別に見ると、田代と同じ30代では55.6%の人が「報告をしづらいと思った経験あり」と答えていた。


■赤ちゃんの将来は落語家?

桂歌丸さんが亡くなった際の会見では、総領弟子の桂歌春が生前の思い出を語り話題になった。そんな桂歌春の孫が誕生するということもあり、ネット上では「将来は落語家?」という趣旨のコメントが複数書き込まれていた。


・合わせて読みたい→吉木りさが妊娠を報告 夫の和田正人も喜びのコメント「全力の愛で受け止めていきたい」


(文/しらべぇ編集部・星子



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年6月24日〜2016年6月27日

対象:全国20代〜60代の妊娠経験がある女性361名(有効回答数)

しらべぇ

「田代沙織」をもっと詳しく

トピックス

BIGLOBE
トップへ