窪田正孝との共演に期待 『火村英生の推理』新キャストの前田公輝「マサくんと絡みがありすぎる」

8月20日(火)18時0分 Techinsight

火村英生役の斎藤工と有栖川有栖役の窪田正孝

写真を拡大

2016年1月期に放送された日本テレビ系日曜ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』がこの秋、スペシャルドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理 2019』として戻って来る。新キャストとして発表された俳優の前田公輝が8月20日、自身のTwitterに斎藤工窪田正孝高橋メアリージュンと並ぶフォーショットを投稿して注目を集めた。

有栖川有栖氏による推理小説「火村英生シリーズ」をもとに実写ドラマ化した『臨床犯罪学者 火村英生の推理』(2016年)は、英都大学社会学部の准教授・火村英生(斎藤工)と推理作家の“アリス”こと有栖川有栖(窪田正孝)が主人公となり、数々の事件に挑むミステリーだ。

『臨床犯罪学者 火村英生の推理 2019』にはその2人をはじめ女子大生・貴島朱美役だった山本美月や警察鑑識員の八十田宗則を演じたマキタスポーツ、火村の下宿の大家・篠宮時絵役だった夏木マリ、さらにシャングリラ十字軍・指導者の諸星沙奈江を演じた長谷川京子が引き続きキャストに発表されたが、まだ役柄は明かされていない。

そんななか、新キャストとして高橋メアリージュンと佐藤隆太が出演することが分かった。佐藤は捜査協力を開始した火村の前に現れ、真相究明に執念を燃やす東方新聞社の社会部記者・因幡丈一郎役、高橋は有栖川作品の大ファンだと称してアリスに接近するパーカッション奏者・花井唯子役を務める。

前田公輝は自身の役柄には触れていないが、ツイッターで「全話レギュラー出演します。大好きで観てた作品。しかもマサくんと絡みがありすぎるこの作品。お楽しみに!!」と呼びかけた。

前田は日本テレビ系で放送された窪田正孝主演ドラマ『デスノート』(2015年7月期)で刑事・松田桃太役を演じた。また、藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)と窪田正孝のダブル主演ドラマ『MARS〜ただ、君を愛してる〜』(2016年1月期)でも樫野聖役を務めており窪田との共演作品が多い。

今回彼が投稿したオフショットには、フォロワーから「全話なんですね!! 窪田くんと公輝くんうれしー!」、「また大好きな窪田くんとの共演!! (笑)楽しみにしてます」、「マサくんといる時の公輝くんめっっちゃ楽しそう(笑)」などの反響が寄せられている。

今から「マサくんと絡みがありすぎる」と喜びを滲ませる前田公輝が、どのような役柄で登場するのか楽しみだ。

ちなみに『臨床犯罪学者 火村英生の推理 2019』は「ABCキラー」編として放送され、アガサ・クリスティの名作ミステリー『ABC殺人事件』を模倣したような連続殺人事件を巡るストーリーを描く。さらに地上波放送後にはHuluオリジナルストーリー「狩人の悪夢」編が配信される。

画像2枚目は『前田公輝 2019年8月20日付Twitter「!!大告知!!「臨床犯罪学者 火村英生の推理 2019」全話レギュラー出演します。」』のスクリーンショット

Techinsight

「窪田正孝」をもっと詳しく

「窪田正孝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ