新たな課題が発覚?ノブコブ吉村の「欅坂46と仕事したくない」発言で騒然!

8月21日(水)10時0分 アサ芸Biz

吉村崇

写真を拡大

 乃木坂姉さんも過去には苦労した!?

 平成ノブシコブシ吉村崇が8月16日放送のバラエティ番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演。今をときめく超人気アイドル・欅坂46とのバラエティ番組での共演をあまり快く思っていないことを大胆にも告白している。

 番組では"破天荒芸人"として知られる吉村に「口説いた芸能人」や「現在の年収」など答えにくい質問をぶつけるも、吉村はそれに対して現在4股をしていることなどをサラッと打ち明け、笑いを誘っていた。

 中でも「仕事したくない芸能人は誰?」という質問に対して、吉村は「ほとんど(共演NGは)無いけど唯一です。欅坂46の全員ですね」と、欅坂のメンバーとはできる限り共演したくないと発言し、注目を浴びている。

 その理由を聞かれた吉本は「ほんとすみません。口悪くなりますけど、バラエティにおいてですよ…〇〇じゃないですか」と、肝心な部分が自主規制音で隠されるほどのぶっちゃけ発言を披露。

 これに松本が大笑いしていると、吉村はさらにヒートアップして「返してくるわけでもないし、こっちは気を遣っていろいろやるけど、なんか変な返しだし、音楽とかドラマとかは良いですよ。対バラエティに関してはこりゃ参ったな」と苦言を呈したのだ。

「話しぶりを見る感じでは、欅坂メンバーのバラエティ番組でのレスポンスの悪さや立ち振る舞いに対し、フォローする立場の芸人として苦しいということなのでしょう。というのも、吉村は6月に放送された欅坂の冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)にゲスト出演し、バラエティ番組でのガヤの入れ方についてなどを指南する講師役を務めました。しかし、吉村がひょうきんな登場を見せても、メンバーたちの反応はいまいち。その後もゲスト潰しとも思える状況だったため、吉村にとってトラウマになったのかもしれません。欅坂は"笑わないアイドル"という異名をとったりとクールなイメージが強いですが、音楽番組やドラマならともかく、せめて自分たちの冠番組ぐらいはもう少し頑張ってほしいというのが吉村の本音のようですね」(アイドル誌ライター)

 この吉村の発言に欅坂ファンからは《欅ちゃんだって頑張ってるのに失礼》《吉村さんが嫌いになった》《吉村が言うことも分かるから、欅坂のメンバーにとっていい影響をもたらしてほしいな》など、さまざまな反応が見られている。

「欅坂のメンバーがバラエティだからと手を抜いているわけではないことは、ファンも理解しています。欅坂ファンである吉村の相方・徳井健太も『(ダウンタウンも音楽番組のMCをしていたが)絡みづらいミュージシャンだっていっぱいいたはずなのに、NGにはしていない。面白くしてあげるっていうのが芸人なんじゃないかな』と、欅坂を必死に擁護していました。

 しかし、こうやって厳しい言い方をしてくれる先輩の存在は欅坂にとってもありがたいこと。今や国民的アイドルに成長したといっていい乃木坂46も、AKB48のメンバーたちと比べるとバラエティでは静かで、それについて先輩芸能人から指摘を受けたことがありました。貴重な大先輩の意見をしっかりと受け入れて、さらなる進化を遂げてほしいですね」(アイドル誌ライター)

 欅坂のメンバーには、次に吉村と共演した時に成長した姿を見せつけてほしいところだ。

(石田安竹)

アサ芸Biz

「欅坂46」をもっと詳しく

「欅坂46」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ