“神ピッチング”は見納め!?稲村亜美に「女優転身説」が急浮上!

8月21日(月)5時59分 アサ芸プラス

 “神スイング”“神ピッチング”の異名を持ち、始球式など野球関係のイベントに引っ張りだこのタレント・稲村亜美。

 近年、雑誌のグラビアやバラエティ番組などでスポーティな魅力を振りまいている彼女だが、今後の活動に変化が生じるかもしれない。

「このところ、彼女の“路線変更”が話題に上がることが多くなりましたね」と語るのはテレビ関係者。

「今年6月に写真集を発売した際、彼女自身が『ひと区切りつける』と語ったように、グラビアでの艶ショットは見納めとなる公算が高い。さらに現在はバラエティメインのテレビでも大幅に方針を変えるのではと囁かれています」

 稲村が試みる大幅な方針転換とは──。

「女優路線へのシフトチェンジですよ。これまではフジテレビ系の『昼顔』で生徒役を演じた程度で、ほとんどキャリアがないのですが、業界内でも彼女に女優転身を勧める声は多い。著名な映画プロデューサーも『独特の不思議な表情を持っている』と彼女をベタ褒めしていましたね」

 それにしても、女優転身となると始球式での華麗な“神ピッチング”も見納めになってしまうのか?

「彼女は『野球はライフワーク』と公言し、球界とのつながりも深いので、始球式への参加は今後も続くかと思います。むしろ女優になっても運動神経を磨くことで、アンジェリーナ・ジョリーのようなアクション女優への道も拓けるのではないでしょうか」(前出・テレビ関係者)

 今後は“神演技”にも期待したい。

(白川健一)

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

稲村亜美をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ