沢口靖子『科捜研の女』、現行連ドラ最長18シーズン目突入

8月21日(火)18時15分 クランクイン!

『科捜研の女 season18』榊マリコ役の沢口靖子(C)テレビ朝日

写真を拡大

 女優の沢口靖子が主演を務める人気ミステリードラマ『科捜研の女』(テレビ朝日系/毎週木曜20時)の第18シリーズが10月よりスタートする。沢口は「これまでの『科捜研』が積み重ねてきた良さをさらに熟成させていきます」と意気込みを語っている。 本作は“最新の科学捜査テクニック”と“豊穣な人間ドラマ”が絡み合う、1999年スタートの人気ミステリードラマ。京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口)を主人公に、一癖も二癖もある研究員たちが法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を武器に、事件の真相解明に挑んでいく。現行の連続ドラマでは最も長く続く長寿シリーズだ。

 10月からスタートする最新シリーズでは、第16シリーズから視聴者の間で話題となっている人気企画「衝撃的なマリコのワンカット」が引き続き登場。これまで“お姫様姿の金髪マリコ”や“新選組隊士に扮したマリコ”など、沢口がインパクトあふれる姿を見せてきたが、第18シリーズでもこれまでにないマリコの姿を披露する。

 また、近年はますます観光地として国内外から高い注目を集めている京都を舞台にしていることも、本作の魅力の一つ。最新シリーズでは、京都の魅力を伝えるカットも、物語に彩りを添えていく。

 「今や“榊マリコ”は私にとって分身、ともに成長してきた存在です」という沢口は「最近は小・中学生の方から“マリコさん、『科捜研』を見ています”というファンレターをいただく機会も増えまして」「中には“科捜研を目指しています”というお手紙もいただくんです(笑)。うれしいですね」と語り、本作が世代を超えて愛されるドラマであることを示した。

 ドラマ『科捜研の女 season18』は、テレビ朝日系にて10月より毎週木曜20時放送。

クランクイン!

「沢口靖子」をもっと詳しく

「沢口靖子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ