「偽装不倫」宮沢氷魚、反響あったシャワーシーン再び 憂いを帯びた表情にドキッ

8月21日(水)12時0分 モデルプレス

宮沢氷魚(C)日本テレビ

写真を拡大

【モデルプレス=2019/08/21】杏が主演を務める日本テレビ系ドラマ「偽装不倫」(毎週水曜よる10時)の第7話(21日放送)より、宮沢氷魚のシャワーシーンの場面カットが解禁された。

◆杏&宮沢氷魚「偽装不倫」

同作は『海月姫』『東京タラレバ娘』などで知られる東村アキコ氏の新作漫画をドラマ化。

杏演じる独身の主人公・濱鐘子(はましょうこ)が、一人旅で出会った宮沢演じる年下のカメラマン・伴野丈(ばんのじょう)に、つい「既婚者」だと嘘をついたことから始まる、コメディタッチのラブストーリー。鐘子の姉・吉沢葉子役の仲間由紀恵、葉子の夫で鐘子の義理の兄にあたる吉沢賢治役の谷原章介らが出演する。

◆宮沢氷魚、シャワーシーン再び

第3話でも、SNSなどで反響があったという宮沢のシャワーシーン。

第7話では、鐘子との今後について思い悩む丈が、思いを振り払うかのようにシャワーを浴びる…というシーンで肉体美を再び披露。憂いを帯びた表情にドキッとしてしまう場面カットとなっている。

第3話のメッセージのやり取り、第6話のストレートすぎる告白など数々の胸キュンシーンで女性視聴者を虜にしている宮沢が、第7話ではどのようなシーンで魅せるのか…シャワーシーンとともに注目だ。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「偽装不倫」をもっと詳しく

「偽装不倫」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ