発言するほど非難されるダレノガレ明美の「非常識さと傲慢さ」

8月21日(月)11時15分 まいじつ


(C)Shutterstock



8月20日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、モデルのダレノガレ明美の性格の悪さが明るみに出た。視聴者からは批判が相次いでいる。


【関連】 ローラとダレノガレ明美が「一触即発」絶縁状態へ


この日の放送は『24時間テレビ 愛は地球を救う』の放送開始6日前ということもあり、同番組でメインパーソナリティーを務める亀梨和也をはじめ、総合司会でフリーアナウンサーの羽鳥慎一、日本テレビの水卜麻美アナウンサー、お笑い芸人のイモトアヤコなどが出演した。


この日の法律相談所のテーマは、『魔が差してしまった出来事』。このとき、ダレノガレの明かした魔が差した出来事は“部屋を横取り”したことだった。親友が物件を探しており、お気に入りの物件を見つけた親友がダレノガレ明美に部屋を紹介した。そのとき、ダレノガレ自身が物件が気に入ってしまい、親友の連絡する前に内覧し、部屋を奪い去ったというのだ。しかも、その親友に部屋を横取りしたことをしばらく黙っていたという。


この話にスタジオからは「え〜」と驚きの声が上がった。そして、その親友ははるな愛だと紹介された。



豪華な部屋を「普通でしょ?」と言い放ち批判


さらにダレノガレは、昨年一般男性との交際を宣言したが、「遠距離になって羽ばたいちゃって。いまフリーだからどうしようかな」と破局したことを告白。そして、「告白は自分からせずに相手からさせる」と恋愛テクニックを披露した。「どうやって(告白)させるの?」とイモトが質問すると、「わたしは自然にされるから」と鼻で笑って答え、イモトは「はあ? 腹立つわ!」と激怒していた。


さらに週刊誌で報じられた部屋の広さも話題になった。200平方メートルの広さで家賃が100万を超える部屋に住むという情報について、司会の東野幸治が問いただしたところ、ダレノガレは「ん?」と笑ってごまかした。「皆、普通(の広さ、家賃)でしょう?」と漏らしたが、スタジオ内にいた全員に「違うわ」と反感を買ってしまった。


この番組を見ていた視聴者はSNSなどで、《スタイルや顔が良いからってあの性格は調子に乗りすぎ》、《マジで好かん。何様のつもり?性格悪すぎ》、《家賃100万円超えが当たり前にだいぶ引いたわ》などと批判していた。


口を開くたびに性格の悪さを露呈してしまったダレノガレ。バラエティー番組に出続けるメリットはあるのだろうか。



【画像】


(C)Ryan Jorgensen – Jorgo /Shutterstock

まいじつ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ダレノガレ明美をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ