エド・シーラン、音楽専門学校時代は散々な成績

8月21日(水)8時11分 ナリナリドットコム

エド・シーラン(28歳)は、音楽専門学校時代、散々な成績だったそうだ。

今やアルバム総売上枚数1億5000万を超えるビッグアーティストのエドだが、在籍していた英サリー州ギルドフォードにある専門学校アカデミー・オブ・コンテンポラリー・ミュージック(ACM)では、6個のF(不可)の烙印を押されたそうで、その中には作曲の項目も含まれていたという。

今回、エドの人生を振り返る展覧会「エド・シーラン・メイド・イン・サフォーク」が東イングランド・イプスウィッチの美術館「クライストチャーチ・マンション」にて開催、同学校からエドのもとに送られてきた手紙が公開された。

エドは2009年に同学校に入学するも、成績不振もあり2010年に退学、自身の音楽キャリアに集中することとなった。

一方、2004年の中学生時代の学校からの通信簿では、「ナチュラル・パフォーマー」と形容され、「明らかに彼の声は変わりつつあるが、未だに高音域をかなり出すことができる」と褒め言葉をもらっている。

今回の展覧会はエドの父親ジョンの企画によるもので、息子との思い出を振り返りこう話していた。

「エドがギルドフォードのアカデミー・オブ・コンテンポラリー・ミュージックに入学した頃のことです」
「始まって3週間ほどで、彼はすでにその学校に幻滅していました。そこの講師に、ジャスト・ジャックと回るツアーの許可を取ろうとしたところ拒否されたのです」
「そして私たちのもとに電話をかけてきて、たとえ学校を辞めてもツアーはやると」

その言葉通り、退学したエドはジャックとツアーを共にし、現在の大成功に至ることとなった。ちなみに、同展覧会はエドの昔の写真、MVで使った小道具、本人制作の絵画などが展示されている。

ナリナリドットコム

「専門学校」をもっと詳しく

「専門学校」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ