AKB48岩立チームB、熱狂の全国ツアー神奈川公演「みんなで楽しく、刺激し合って、もっと輝いていけるようなチームに」

8月21日(水)1時8分 オリコン

岩立Team B出演『AKB48全国ツアー2019~楽しいばかりがAKB!~』の神奈川公演(20日、カルッツかわさき)(C)AKS

写真を拡大

 AKB48が約4年ぶりとなる単独での全国ツアー『AKB48全国ツアー2019〜楽しいばかりがAKB!〜』の神奈川公演が20日、カルッツかわさきにて開催され、昼公演に岩立Team Bが登場した。

 昼の部・岩立チームBとして初めてとなる全国ツアーは、キャプテン岩立沙穂の出身地・神奈川県が舞台。柏木由紀の「私たちチームBと一緒にいっぱいいっぱい盛り上がっていきましょう!」という掛け声で開幕すると、7曲連続のパフォーマンスで早くも汗だくのメンバーたち。

 福岡聖菜は「神奈川生まれ神奈川育ちなので本当に嬉しいです! チームBは先輩後輩関係なくわちゃわちゃしてるので、今日はファンの皆さんもチームBの一員になった気分で盛り上がっていきましょう!」と意気込みを語り、会場のファンを盛り上げた。

 ユニットコーナーでは、大盛真歩が「今日はみなさんをメロメロにしちゃいたいと思います!」とソロで「わるきー」を披露。続いて神奈川県出身の岩立沙穂、久保怜音、福岡聖菜の3人で「ロマンス・プライバシー」をパフォーマンス。恒例となった撮影コーナーやゲームコーナでのファンとの交流も大いに盛り上がり、あっという間に本編を駆け抜けた。

 アンコール明けは王道チームB楽曲の「遠距離ポスター」「シアターの女神」でファンの熱気も最高潮。岩立からこの日のコンサートの感想を聞かれた吉川七瀬は「コンタクトが曇るくらいみなさんの熱気を感じて、今日のことは一生忘れません!」とコメント。岩立が最後に「みんなで楽しく、そして時にはお互い刺激しあって、もっともっと輝いていけるようなチームにしていきたい」とキャプテンとしての誓いを立て、岩立チームB初の全国ツアーは幕を閉じた。

オリコン

「全国ツアー」をもっと詳しく

「全国ツアー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ