吉沢亮&emma『ViVi』で初共演「自然と引っ張られている自分がいた」 男女での表紙は約6年半ぶり

8月21日(水)11時27分 オリコン

『ViVi』10月号の表紙を飾る(左から)emma、吉沢亮

写真を拡大

 俳優の吉沢亮とモデルのemmaが、23日発売の女性ファッション誌『ViVi』10月号(講談社)で初共演した。同誌の大人気企画 「国宝級イケメンランキング」 で殿堂入りを果たした吉沢が、『ViVi』専属モデルのemmaと、25歳の同い年コンビで表紙を飾る。同誌で男性が表紙を飾ることは珍しく、しかも男女での表紙は6年8ヶ月ぶりとなる。

 初共演ながら息の合ったポージングを見せた2人に撮影の感想を聞いてみると、emmaは「男性と一緒のファッション撮影はかなり久し振りだったのでいつになく緊張しちゃいました。最初はどんな顔して一緒にいればいいのかわからなかったです(笑)」と振り返り、吉沢は「プロの仕事は間近で見たらスゴかった。お芝居とは違うけど、emmaさんの動きに呼応したり、反射したり、自然と引っ張られている自分がいました」 と語った。

 ともに25歳で俳優とモデル。それぞれの道で活躍する2人のプライベートは、家に引きこもりがちという共通点も。「海外に行くと、朝から晩までアクティブに行動するんですが、日本では誘われない限り家から出なくて、Netflixばかり見ています(笑)」というemmaに対し、吉沢も「お芝居してない期間がちょっとできると、仕事しなくて大丈夫か不安になっちゃうんです。でも不安な割には、朝起きてUber EATS頼んで、夜までずっとアプリいじっている(笑)」と親近感たっぷりなエピソードを明かした。

オリコン

「ViVi」をもっと詳しく

「ViVi」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ