男の娘・RYUがLiSAの『だってアタシのヒーロー』をレビューしてみた

8月21日(月)20時0分 おたぽる

だってアタシのヒーロー/LiSA

写真を拡大

 初めましてRYUと申します! 今回から記事を書かせていただくことになりました〜。いいんですかね!? いいんですかね!? それでは第一回目ということで軽く自己紹介させていただきますね。

 BLOOD STAIN CHILD、略称ブラステというバンドのギタリスト、メインソングライターをやっていて、お仕事でアイドルさんや他のアーティストの方々、ゲーム関連、一般企業さんの楽曲制作をしており、趣味は紅茶、コスプレ、猫と遊ぶ……(結構ガチなんですよこの3つ)そして写真集まで……おっと、この辺にして早速いきましょうね!

 今期何見てますか? (『Fate/Apocrypha』は外せないですよねー)

 わたし、こう見えてお仕事で音楽制作を行っていますので、この度アニメにまつわる楽曲のレビュー……レビューなんて恐れ多いので、解説というか感想というか、そのようなものを書かせていただこうと思います。

 まず第一弾は、Fateのお話も出しましたけど、その『Fate/Zero』のオープニング主題歌も歌っていらした、LiSAさんの12枚目のシングル、『だってアタシのヒーロー』からいってみたいと思います!

 この曲は『僕のヒーローアカデミア』2期のエンディングテーマでちょうど今アニメのほうでも聴ける楽曲ですね。

 LiSAさんの張りがあって、明るく伸びやかな声がぴったりな楽曲で、エンディングではあるけれど、『僕アカ』らしい“次へ、明日へ、さらに向こうへ、PLUS ULTRA!”という力強さを感じさせてくれます。

 『僕アカ』のヒーロー達への応援歌でもあり、自身のファンの人達への応援歌でもあるということはご存知だとは思いますが、サビパートの"フレーって フレーって"という部分でお客さんも一体となって合唱している様子が目に浮かびますね! そういう仕込み部分ではBパートのPPPHもお約束の如く入ってます(笑)

 アレンジも江口亮さんサウンドが炸裂していて、イントロの枯れたギターリフでああ、この人だってわかりますね! 江口さんはStereo Fabrication of Youthというバンドをやっていらっしゃるのですが、LiSAさんの他の曲も担当されていますし、アニソンファンの人はSchool Food Punishmentといったら分かりやすいと思います。あの独特なオシャレ感、素晴らしいアレンジですね!

 本題とは少しずれますけど、僕アカを見てて特に思ったことは音楽がいいんですよね。

 さすが、林ゆうきさん。

 このかたも、もうアニメ界外せない音楽家だと思いますが、2次元の絵をより深めてリアルに際立たせる、無言のパートでも見ている側に何かを想像させることができる、素晴らしい劇伴作家さんだと思います。わたしはアニメ音楽では、この林ゆうきさんと澤野弘之さん激推しです!

 おふたかたともテレビドラマも数多く担当されてますが、林ゆうきさんは『ガンダムビルドファイターズ』『ハイキュー!!』『ボールルームへようこそ』など、澤野弘之さんは『機動戦士ガンダムUC』『進撃の巨人』『アルドノア・ゼロ』など担当されていて、スタイルは違うものの、スケール感の大きいドラマティックな楽曲が特徴で本当にかっこいいです。

 はい、第1回目はこのぐらいにしておきましょう!

 ではまた次回!
(文=RYU)

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

LiSAをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ