「小鳥の病院」ヨウム看護師長 患者に「お大事に」と声かけ可

8月21日(月)16時0分 NEWSポストセブン

患者と飼い主を励ますベテラン看護師長・ティム

写真を拡大

 小鳥グッズがたくさん飾られ、アットホームな雰囲気の診察室。真田直子院長がていねいな診療を終えると、どこからともなく「お大事に!」という声が聞こえる。院長と看護師以外はいないはずなのに…?


「わたくしはコイネズミヨウムですから、声マネは得意分野。患者さんに『お大事に』と声をかけるのは看護師長として当然のことです」


 ティム看護師長の特技は入院中の鳥にも役立っている。


「急にひとりぼっちにされて寂しがってるコに、そのコと同じ声で鳴いてあげると元気が出るみたい。コザクラインコの鳴きマネがじょうず、と院長にほめられます」


 飼い主さんと院長が談笑していると、一緒に笑い声をあげることも。


「毎日、20羽前後の鳥が来院しますけど、ほとんどは病気のコ。だから健康診断のために元気なコを連れていらした場合はうれしくって、ついつい笑っちゃいます」


 食事は主食のペレットのほか、ブドウや枝豆、コーンなど毎日7、8種類の副食をおいしくいただくといい、


「大好きなのは、焼き芋と栗! やっぱりわたくしも女性なのでね」


 と笑う、ティム看護師長。今日も彼女のかわいいおしゃべりが、来院する鳥たちと飼い主を元気づけている。


名前:ティム ♀

年齢:18歳 種類:コイネズミヨウム

勤務先:小鳥の病院 BIRD HOUSE

職種:看護師長

主な仕事内容:わたくしの元気な姿で、当院が衛生的であることを伝える。入院している鳥への鳴き声応援。

お給料:毎晩寝る前のティムティムごっこ(一番好きなエサをヘソ天抱っこでもらうこと)。

好きなこと:ティムティムごっこ!!

嫌いなこと:シャワシャワ(水道から直接水を浴びること)。

現在の悩み:ワシントン条約のリストにも入っていて、絶滅の危機に瀕しているコイネズミヨウムとヨウム。密輸で命を落とす仲間のことを思うと胸が痛い…。

将来の夢:鳥はセラピーに向いていると思うので、セラピーバードとして活動したい!


■撮影/山口規子


※女性セブン2017年8月24・31日号

NEWSポストセブン

「ヨウム」をもっと詳しく

「ヨウム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ