氷川きよし、始球式で見せたホットパンツ姿が “嫉妬レベル” の美しさ

8月21日(水)17時0分 週刊女性PRIME

始球式に登場した氷川きよし('19年8月) 撮影/廣瀬靖士

写真を拡大



 人生4度目の始球式に挑んだきよしくん。まずは、8月27日にD・E・Fタイプが発売になる『大丈夫』を熱唱。普段のコンサート会場とは異なり男性客が多かったが、手拍子はもちろん、野太いきよしコールも。

■半ズボン?それとも?



 その後、マイクをグローブへと持ち替え、颯爽とマウンドへ。振りかぶって放たれた白球は、バウンドすることなくミットに届き、きよしくんは安堵の表情。同時に大歓声が沸き起こった。

「自己採点は99点。自分で言うのもなんですが、年々上手になってきているような(笑)。残りの1点? もうちょっと速いスピードで、キャッチャーの方が受けきれないくらいの球を投げたいと思ったんですけど、力がそんなにないもので」

 それにしても、ユニフォームの半ズボンからスラリと伸びたおみ足は、嫉妬レベルの美しさ。



「もう半ズボンって言わないんですよね。昭和の方はおっしゃいますけど(笑)、ホットパンツとかハーフパンツって言うんですよ」

 なんと、失礼いたしました!

週刊女性PRIME

「始球式」をもっと詳しく

「始球式」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ