木村拓哉、二宮和也に「敵対の意識はなかった」 二宮は「共演できる衝撃がすごすぎた」

8月21日(火)10時37分 エンタメOVO

映画『検察側の罪人』で主演を務める木村拓哉

写真を拡大

 映画『検察側の罪人』夏の納涼試写会が20日、東京都内で行われ、出演者の木村拓哉二宮和也(嵐)、芦名星、酒向芳が出席した。

 本作は、都内で発生した強盗殺人事件の捜査方針をめぐって対立する二人の検事の姿を描く。「正義とは何か」という、人間の根源的な命題への洞察を描く社会派ミステリー。

 浴衣姿の観客の前に登場した4人。主演の木村は、「女子の浴衣姿は、やっぱりいいですよね。納涼会は皆さん涼しい格好で(来場する)と伺っていたので、ニノ(二宮)と『水着の子とかいるのかなあ?』って話してたんですけど。ありがたいです」と舞台裏の二人の会話を披露。二宮も「夏ですね、時期ものですよ」と笑顔で同調して、会場を沸かせた。

 本作が初共演となる木村と二宮。作品内では、エリート検事・最上役の木村と、若き検事・沖野役の二宮という先輩と後輩の二人が激しく敵対する。二人の敵対について感想を聞かれると、木村は「僕はニノが演じてくれた沖野の正義に追い込まれる立場なので、敵対というとらえ方ではなかったです」と回答。二宮も「僕も全然なかったです。それより、木村くんと一緒に共演できるっていう衝撃がすごすぎて、『え?僕が知ってる木村拓哉ですか?』って」と振り返った。

 初共演の感想を聞かれると、木村は二宮について「豊かな表現者だな、向き合いがいのある出演者だなと思いました。一切力まず自然体で、沖野というキャラクターを全身で体現していました」と二宮の演技力を絶賛。二宮は「プロ野球選手に混ざって野球しているような感じで、どんな球を投げようと、どこに打とうと(木村が)拾って取ってくれるので、僕は何をやってもうまくできちゃうんですよ。楽しさしかなかったです」と語った。

 映画は24日から全国東宝系で公開。

エンタメOVO

「木村拓哉」をもっと詳しく

「木村拓哉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ