テレビ東京 前WBSキャスターがセクハラで番組降板

8月22日(火)16時0分 文春オンライン

 テレビ東京の報道番組「ゆうがたサテライト」キャスターの進藤隆富氏(41)が番組を降板していたことが「週刊文春」の取材で判明した。


 進藤氏は、2010年から「ワールドビジネスサテライト(WBS)」キャスターを3年半務めた後、ニューヨーク支局にも勤務した同社のエース社員。昨年11月からは、狩野恵里アナとタッグを組んで新番組を任されていた。


8月7日放送の「ゆうがたサテライト」(テレ東)より 禁無断転載/文藝春秋
テレビ東京新社屋 ©時事通信社

 事件があったのは自身の夏休み直前の7月28日、番組スタッフとの飲み会の後のことだという。


「20歳代の女性ADを別の店に連れ出し、二人きりになるとキスを迫るなどしたようです」(「ゆうサテ」関係者)


 進藤氏は、夏休み明けの8月7日に何食わぬ顔で番組に出演していたが、翌8日から突如、姿を消していた。


 テレビ東京広報部は取材に対して、「社内規程の違反があったため、厳正に処分いたしました」と回答。週刊文春8月23日発売号では、降板にいたるまでの裏側を明らかにしている。


(「週刊文春」編集部)

文春オンライン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

テレビ東京をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ