大野いと、乃木坂46・松村沙友理は「真っ白過ぎて天使かと…」 初共演で意気投合

8月22日(木)12時2分 オリコン

映画『東京ワイン会ピープル』のPRイベントに出席した大野いと (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 女優の大野いとが22日、都内で行われた映画『東京ワイン会ピープル』(10月4日公開/和田秀樹監督)のPRイベントに出席した。

 『神の雫』の原作者として知られる樹林伸氏の同名小説を映像化する同作は、ワインの世界へと惹かれていくOL・桜木紫野(松村沙友理)を中心に描くロマンチックな物語。

 オファー当時を振り返りながら「私自身、ワインを深く知らなくて不安もありました」と本音を漏らした大野。役作りとして勉強やテイスティングを重ね「ワインの深さや美味しさを知れたので、撮影はすごく楽しかったです。とにかくいいワインを飲ませていただいたのが印象に残ってます」と笑顔を浮かべた。

 ワイントークに花を咲かせた大野は「人並み以上には飲めるのかな。打ち上げの時に50本くらいワインを用意していただいた時も意外と飲めました。少し赤くなったけど、気持ちよくなって機嫌がよくなります」と酒豪(?)ぶりを告白。「どんな人とワインを飲みたい?」との質問には「一緒にいて心が安らぐ人と、フレンチを食べながらワインを飲むのが憧れです」と目を輝かせていた。

 また、共演した松村への話題になると「第一印象は、真っ白過ぎて天使かと思いました。その後は、一緒にいて『お互いに居心地がいいね』と言い合える仲になりましたね」と笑顔で語り「いつか『ワイン女子会をしようね』と約束してるんです」と明かしていた。

オリコン

「大野いと」をもっと詳しく

「大野いと」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ