やはり松本まりかもヤバかった!ぬいぐるみに話しかける怪演見せつける『奪い愛、夏』第3話

8月23日(金)15時12分 AbemaTIMES

 8月22日(木)夜11時より、AbemaTVオリジナルドラマ『奪い愛、夏』の第3話が放送され、松本まりか演じる空野杏の異常行動に注目が集まっている。

 本作は、主演の水野美紀とともに、鬼気迫る演技に定評のある小池徹平と松本まりかの"豪華怪演陣"が一挙に集結し、危険な愛のトライアングルに挑むクレイジー“狂愛”ドラマ。テレビ朝日系で2017年1月から3月にかけて放送され、狂気と怪演技、ドロドロの愛憎劇が話題を呼んだドラマ『奪い愛、冬』と同様に鈴木おさむが脚本を務め、全く新しいオリジナル版として放送する。

 花園桜(水野美紀)は、40歳以上の女性をターゲットとしたマッチングサービス「ラブネクスト」を立ち上げ、10年後の日本を担う女社長のひとりとして知られていた。自身のブランディングのために結婚したいと考えた桜は、優秀イケメン社員の桐山椿(小池徹平)に1億円と引き換えに契約結婚をするよう命令。実家が借金を抱えて困っていた椿は、「浮気は絶対にダメ。もし浮気したら全額返済しろ」という条件のもと泣く泣く結婚を受け入れた。しかし、付き合っていた空野杏(松本まりか)のことを吹っ切れない椿は、桜には秘密で杏との愛を育み続けることを選択したのだった。

 桜に隠れて交際を続ける椿と杏だったが、愛の巣にしていた椿の前の家も取り上げられてしまい、会う場所がなくなってしまっていた。そんなとき、後輩の姜倫求(テジュ)に人気の少ないプラネタリウムでのデートを勧められる。

 プラネタリウムでのデートが気に入った椿&杏は、貸切プランも予約し、ふたりっきりの夜を楽しむことを約束。しかし、桜の邪魔が入ってしまい、椿はなかなか家を出ることができなくなってしまうのだった。

 プラネタリウムでひとり、椿を待つ杏は、鞄からハリネズミのぬいぐるみを出すと「なにがあったんだろうね〜?なんで来ないんだろうね〜?」「信じてていいのかな〜?ちゅばきしゃ〜ん」と話しかけだし、プラネタリウムのスタッフもドン引き。 そのメンヘラ臭が漂う異常な行動には、「怖い」「あんずもなかなかやばい」「壊れとるやないか」「サイコ」「やべーやつやん」「一人でプラネタリウム貸し切りしてヌイグルミと喋ってる女とか怖えw」「ヤバイ客wwww」「プラネタリウムの人引いてるやん」などと視聴者からも驚きの声があがっていた。

 

■番組情報
『奪い愛、夏』第3話
番組URL:https://abema.tv/video/episode/90-1290_s1_p3

AbemaTIMES

「松本まりか」をもっと詳しく

「松本まりか」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ