『バットマン』悪役ジョーカーが主人公に? M・スコセッシ製作で単独映画企画が進行

8月23日(水)15時0分 クランクイン!

『バットマン』シリーズのジョーカーを主人公にした単独映画が制作へ(※『ダークナイト』場面写真)(C)AFLO

写真を拡大

 DCコミックスの人気アメコミヒーロー、バットマンの宿敵ジョーカーを主人公にした単独映画の企画が浮上した。映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のマーティン・スコセッシ監督や映画『ハングオーバー』シリーズの監督トッド・フィリップスが手がけるという。 Deadlineによると、米ワーナー・ブラザースとDCコミックスがバットマン・ユニバースを拡大するべく、ジョーカーの誕生秘話を描く単独映画の製作を進めているとのことだ。フィリップスが映画『ザ・ファイター』の脚本家スコット・シルヴァーと共同脚本を務めると共に監督するという。スコセッシはフィリップスと共に製作を務める。

 ジョーカー単独映画は他のDC映画とは別路線を歩むとのことで、『スーサイド・スクワッド』続編などにつながるストーリーにはならないという。現在ジョーカーを演じる俳優ジャレッド・レトはこの単独映画に出演する予定はなく、若手俳優がキャスティングされる可能性があるとのことだ。現時点では他のDC映画に通じるようなセッティングにはならず、1980年代を舞台にしたハードボイルド風の犯罪映画のような作風になる見込みらしい。

 ジョーカー役はジャレッド以外、これまでにジャック・ニコルソンやヒース・レジャーが演じ好評を博した。今度はどのようなジョーカーが誕生するのか、続報に期待したい。

クランクイン!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

映画をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ