『凪のお暇』撮影現場で中村倫也の笑みに記者も骨抜き

8月23日(金)11時0分 女性自身

「ゴンさんに頭をポンポンしてほしい!」


「凪とのキスに胸キュンした!」



ネット上では連日、悲鳴のような歓喜の嵐。ドラマ『凪のお暇』(TBS系・金曜22時〜)で中村倫也(32)が演じる“天然人たらし”安良城ゴンが、世の女性たちをメロメロにしている。さて、気になる撮影現場は……。



密着したのは、ヒロイン・凪(黒木華)とゴンが暮らすアパートのシーン。ゴーヤが生い茂ったベランダに姿を現した中村は、陽光を浴びながらも妖しい香りがプンプン!



ゴンと凪の愛をつなぐベランダのシーンは実はセット。リハーサル中に、自分のたばこを凪に渡す素振りを。たばこをくゆらせる、その横顔がセクシーすぎるったら。



そして、凪の大好きなヒマワリが描かれた風鈴を手に天使のスマイル。撮影の合間、突然ふざけた表情を見せる無邪気さに胸キュン!



付き合った女のコを骨抜きにしてしまう魅力を持つゴンは、まさに中村そのもの。モニターを見る姿もどこかしら色っぽく見えるのは気のせい?



物語は、凪をめぐる高橋一生扮する元カレの我聞慎二とゴンとの三角関係が最大の見どころ。好きなコに本心が言えずつい泣いてしまう慎二に母性本能がうずきつつも、しばらくは、ゴンの魔性のほほ笑みのとりこになりそう!

女性自身

「中村」をもっと詳しく

「中村」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ