高良健吾、池田エライザ初の映画監督作品に出演 主人公にヒントを与える倫理の先生役

8月23日(金)8時0分 オリコン

池田エライザ監督の『夏、至るころ』に出演する高良健吾

写真を拡大

 女優・池田エライザが初の映画監督に挑む『夏、至るころ』(2020年夏公開)の追加キャストとして、俳優の高良健吾が出演することが発表になった。池田監督は「快く受けてくださったことに感謝しています」と高良の出演を喜んでいる。

 池田監督が挑戦するのは全国の自治体と組んで制作する映画『ぼくらのレシピ図鑑』のシリーズ第2弾。同シリーズは、18年にスタートした地域の「食」や「高校生」とコラボしたおいしい青春映画制作プロジェクト。商業映画とは異なり、企画の段階から自治体や市民が参加することが特徴で、地元の食材や風景などが多く登場する。

 主役に抜てきされたのは、メ〜テレ制作のテレビドラマ『His〜恋するつもりなんてなかった〜』に出演した倉悠貴。ほかには、全国2012人のオーディションから選ばれた新人・石内呂依とAbemaTVの『恋愛ドラマな恋がしたい3』などに出演しているさいとうなりがメインキャストを担う。物語は福岡県田川市を舞台に、主人公の翔(倉)と幼なじみの泰我(石内)が不思議な少女・都(さいとう)と出会ったひと夏の胸騒ぎを、美しい田川の風景と力強い和太鼓が奏でる情緒的な音楽に乗せて描く。

 高良が演じるのは、翔が前に進むためのヒントを投げかける倫理を担当する小林先生役。池田監督は「以前共演させていただいたときに、お芝居や映画への深いリスペクトと愛情を感じて、この作品に出演していただけないだろうかと思っておりました。高良さんの誠実さや心の温かさは、翔を導く小林先生にぴったりだと感じています」と話している。

オリコン

「高良健吾」をもっと詳しく

「高良健吾」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ