授業中、教師の偏見に傷付けられた女子高生 クラスメイトが黙っておらず?

8月24日(土)17時33分 grape

デザイナーやイラストレーターとして活躍する、しばたま(shibatamaa)さんが、フォロワーから寄せられた体験談をInstagramで紹介。

『スカッとする話』が反響を呼んでいます。

心ない教師の言葉への反応

しばたまさんが漫画化したのは、フォロワーである、はるかさんの高校時代の思い出。

高校入学と同時に両親が離婚したため、はるかさんは父親と離れて暮らすことになってしまったものの、母や祖父母に囲まれとても幸せに暮らしていたそうです。

しかし、ある日のこと。はるかさんは教師に目を付けられて…。

「父親がいないからきちんとしつけをされておらず、愛情不足だ」と教師に決めつけられてしまった、はるかさん。

偏見に満ちた言葉を突然ぶつけられて、身体が震えて仕方がありませんでした。

このような偏見は、ひと昔前は珍しくなかったかもしれません。ですが、教師の言葉が間違っていることを、クラスメイトたちはきちんと分かっていました。

親友はもちろん、そのほかの子たちもはるかさんを守ってくれたのです!

【ネットの声】

・友達に恵まれていてよかった…!

・泣きました。クラスメイトのみんな、カッコよすぎ!

・教師は自分の言葉の影響力を自覚してほしい。

・私も教師から同じようなことをいわれたことがあります。同じタイプの人はいるのですね。

・こんな教師がいるせいで、ほかの真面目な教師の信用も下がってしまう…悲しいことです。

偏見をなくすことは困難でしょう。

ですが、そんな偏見に同調せず「間違っている」と声を上げることはできます。

クラスメイトたちの勇気を、いざという時は思い出したいですね。

しばたまさんの作品はこちらから

しばたまさんのInstagramには、ほかにもフォロワーから寄せられた『感動する話』や『ほっこりする話』などが公開されています。

ぜひ、そちらもご覧ください。

Instagram:shibatamaa


[文・構成/grape編集部]

出典 shibatamaa

grape

「教師」をもっと詳しく

「教師」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ