悩殺ボディと過激発言でガチ童貞を圧倒! G乳グラドル・森咲智美、セクシーすぎる超ミニスカの透けワンピ

8月24日(木)10時0分 メンズサイゾー

 「今、愛人にしたグラドルNo.1」として人気上昇中の森咲智美(25)が、回転ベッドの上でくつろいでいる画像をTwitterに投稿。色っぽいシチュエーションの写真にネット上のファンから興奮の声が上がっている。


 23日、森咲は「週プレの撮り下ろししてもらってきました」と、ふかふかのベットの上で生足をあらわにしたオフショットを複数アップ。「週刊プレイボーイ」(集英社)でラブホテルを舞台にしたグラビアに挑戦したようで、「せくしーすぎて出来上がりが想像できないけど」と撮影を振り返った。


 これにネット上のファンは、「ラブホグラビア、楽しみにすぎます」「なんかエロい」「ラブホが似合う!」などと大盛り上がり。森咲は普段からキワどい画像をSNSにアップしているが、「愛人×ラブホ」という絶妙な組み合わせに過激な妄想を膨らませた人も多いようだ。


 その刺激的な愛人キャラは、バラエティでも発揮されている。22日深夜配信のネットバラエティ『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(AbemaTV)では、過激な衣装と発言でガチ童貞たちを圧倒した。


 この日は「童貞強化合宿SP!」で、4人の童貞芸人が登場。その童貞たちとトークバトルを繰り広げたのが、恋愛上級者として出演した森咲だ。


 30代になっても童貞を守る若手芸人らを誘惑するように、胸元がスケスケのセクシーな黒ワンピで現れた森咲。超ミニスカートからは生足を伸ばし、足を組むたび魅惑の三角ゾーンをチラリとのぞかせる。そんな刺激的な森咲を間近で目にした芸人らはタジタジで、トークバトルが成立しないほど動揺してしまう。


 それでも、童貞に誇りを持つ芸人たちは、何とか森咲に対抗しようと大声で童貞魂をぶつける。しかし、童貞たちの言い分は、「恋多き女はビッチ」「恋愛ばかりしている女は信用できない」といった身勝手なものばかり。それに呆れた森咲は、「プライド高いだけ」「気持ち悪い〜」とバッサリ切り捨てた。


 さらに、番組では童貞の本心を探るためのドッキリを実施。司会のスピードワゴンの強権によって、童貞芸人らが森咲の胸に触れることになるが、実際にタッチしようとすると彼女にビンタされるドッキリだ。森咲は「軽く触るだけなら...」と艶っぽい表情を見せながら、見事なビンタを芸人にお見舞いし、自らの役割をきっちり果たすのだった。


 SNSでは悩殺ボディでファンを喜ばせ、バラエティではちょっぴり過激なキャラを見せる森咲。グラビア人気の高まり共に、今後はテレビで見かけることも多くなりそうだ。

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

森咲智美をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ