サカナクション山口の「夢が叶った」!? 8センチシングルのリリースにさまざまな反応が寄せられる

8月24日(土)7時0分 耳マン

サカナクション山口、念願の8センチシングルに大興奮

ロックバンド・サカナクションが、8月21日に8センチシングル『忘れられないの/モス』をリリース。ボーカル&ギターの山口一郎は同日にInstagramを更新し、「夢が叶った」と感動を表現した。

この投稿をInstagramで見る

8cmシングルリリース!!夢が叶った。感謝🙏

Ichiro Yamaguchiさん(@ichiroyamaguchi)がシェアした投稿 -

山口一郎 Instagram

山口は「8cmシングルリリース!!夢が叶った。感謝」とInstagramに綴り、実際の『忘れられないの/モス』を手に喜びの表情を浮かべた自撮り写真を投稿した。短冊のような形状のジャケットが特徴的な8センチシングルは、一般的な12センチのCDよりも一回り小さく、80年代後半に登場して90年代にかけて大流行した規格。その後は諸々の理由で衰退し、徐々に市場から姿を消していったが、『忘れられないの』および『モス』はそれぞれ80年代の音楽やカルチャーに影響を受けた楽曲ということもあり、異例の8センチシングルでのリリースとなった。また、当時の流行にならって両曲のカラオケバージョンも収録されている。

当初は1万枚限定での発売を予定していたものの、8センチシングルでのリリースが発表されるや否や予約が殺到。すぐに追加生産が決定するなど、『忘れられないの/モス』はサカナクションのファンのみならず多くの音楽ファンから注目を集めていた。

「開封するのに、懐かしくてキュンとなりました」

90年代の8センチシングル全盛期を知る世代からは、「開封するのに、懐かしくてキュンとなりました」「今回、我が家に保管してた8センチCDもたくさん発掘して懐かしくなりました〜」「ジャケット裏の歌詞カードや小さいディスクがとても懐かしかったです…!」「カラオケバージョンも嬉しい」など感激の声が殺到。今となってはほとんど見ることのない独特の形状に、多くの人がノスタルジーを覚えたようだ。一方で、若い世代のリスナーからは「初めて8cmCD手にできたのも一郎さんのおかげです!ありがとうございます」といったコメントが届いたほか、「私にはすごく懐かしかったですが、小学生の子ども達は新鮮だったようです」と親子で貴重な機会を楽しむファンからの感想も寄せられていた。

放送中のドラマ『ルパンの娘』の主題歌でもある『モス』。サカナクションは23日に生放送された音楽番組『ミュージックステーション』に出演し、盛り上がる人波の中で同曲を披露するというパフォーマンスでも話題をさらった。楽曲の素晴らしさはもちろんのこと、斬新なアイデアで多くのファンを楽しませる彼らの今後の活動に、引き続き注目していきたいっ!

HEW

耳マン

「サカナクション」をもっと詳しく

「サカナクション」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ