永野芽郁、初声優業も「もう大丈夫です…」難しさ明かす<二ノ国>

8月24日(土)22時19分 モデルプレス

永野芽郁 (C)モデルプレス

写真を拡大

【モデルプレス=2019/08/24】女優の永野芽郁が24日、都内で行われた映画『二ノ国』(公開中)の公開記念舞台挨拶に、俳優の山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)と新田真剣佑らとともに出席した。

本作で声優初挑戦にして2人1役を務めた永野は「お芝居をすることや、誰かになりきるということは普段やっているのに、表現方法が違うとこんなにも難しいんだということ、改めて痛感して、『あぁ難しい世界だな』と痛感しましたね。楽しかったですけど、まぁ、なかなかです…」と心境を吐露。

2役分に挑戦したことに関しては「発声方法を変えなくちゃって思い込んで現場に入ったのですが、皆さんが普段のお芝居をやっているようにやればいいからと言って下さったことがすごく心強くて」と振り返った。

しかし、また声優にトライしてみたいかを問われると「いやいや、もう大丈夫です…!」と打ち明け、会場は笑いの渦に。

「もうもう、本当に恐れ多すぎて、また何か機会があってすごく練習させて頂ける時間があるのならまた挑戦したいですが、今の状況ではちょっと…」と本音を明かしていた。

なお、イベントには宮野真守、津田健次郎、坂本真綾、梶裕貴、百瀬義行監督、日野晃博氏(製作総指揮)も出演した。

◆映画「二ノ国」

製作総指揮/原案・脚本に「レイトン」シリーズの日野晃博氏、監督に「おもひでぽろぽろ」原画の百瀬義行氏、音楽に「千と千尋の神隠し」などで知られる久石譲氏という日本を代表するドリームメーカーが贈る今作。

物語は、現実世界「一ノ国」と、命のつながりを持つ魔法世界「二ノ国」が舞台。 “もう一人の自分”がいる世界に引き込まれた主人公のユウとその親友のハルは、2人の幼なじみ・コトナを巡る事件をきっかけに2つの世界を行き来することに。愛する人の“命”をかけた<究極の選択>が突きつけられる。山崎は高校でトップクラスの秀才で車イスで生活しているユウを、新田はハルを、永野はコトナとエスタバニア王国のアーシャ姫の2役を演じる。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「永野」をもっと詳しく

「永野」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ