水卜麻美アナ、24時間駅伝に「ワクワク」 6月から極秘練習スタートも「びっくりするほど目撃情報が出なかった」<24時間テレビ42>

8月24日(土)22時57分 モデルプレス

水卜麻美アナ(C)モデルプレス

写真を拡大

【モデルプレス=2019/08/24】24日18時30分から放送スタートした日本テレビ系「24時間テレビ42 愛は地球を救う」で“4人目”のチャリティーランナーとして発表された同局の水卜麻美アナウンサーが、会場である両国・国技館のバックヤードで囲み取材に応じた。

◆水卜麻美アナ、日テレアナ&総合司会で初チャリティーランナーに

今年は、4人でタスキをつなぐ「24時間駅伝」として、いとうあさこ近藤春菜ハリセンボン)、よしこ(ガンバレルーヤ)の挑戦がすでに明かされていたが、水卜アナについては放送開始後に番組内で生発表。

水卜アナは総合司会として番組に出演しており、総合司会、日テレアナがチャリティーランナーを務めるのは初となる。

近藤・よしこ・水卜アナ・いとうとタスキを繋いでいくが、「大好きな3人なんです」と3人への思いを語り、水卜アナが最初にランナーに決定したこともあり「『きっと、私がすごく嬉しいメンバーに決まる予定だよ』という話を聞いて、本当にこの3人と繋げてよかったなと思ったので、仲間を信じてやっていきたいです」と意気込んだ。

◆水卜麻美アナ、6月練習スタートも“目撃情報0”

今回、極秘で練習をする必要があったため、マスクやサングラス、帽子を着用し、6月からトレーニングに励んでいたという水卜アナ。練習中、ファンから声を掛けられることはあったか?と質問が飛ぶと「ある意味、悲しがった方がいいのかもしれないですけど、1人にも気付かれなかったです」と明かし、「びっくりするほど目撃情報が出なかったです」とバレることはなかったそう。

また、オファーがあった際には「すぐに“はい”と言ったんです」と即決したそうで、今は「怖さとかはないです、ワクワクが強いです」と心境を吐露。

総合司会、日テレアナが初のチャリティーランナーを務めるという点については、「こんないいチャンスをもらった。もちろんアナウンサーなんかが走っていいのかっていう思いはずっとあるし、申し訳ないなとかがっかりさせないかなとか。でも、日本テレビがこの『24時間テレビ』を皆様のおかげでやってきて、私なんかが背負えるものじゃないですけど、日テレの思いを背負って走れるのはアナウンサー、局員しかいないと思ったら、これまでの思いとこれからも『24時間テレビ』を新たな時代もよろしくお願いします、としっかりと受け止めて走ろうと思いました」と決意を語った。

◆「24時間テレビ42 愛は地球を救う」

今年のテーマは「人と人 〜ともに新たな時代へ〜」。メインパーソナリティーは嵐、チャリティーパーソナリティーは浅田真央が務める。

なお、25日20時54分まで放送予定(※放送内容・時間は変更の可能性あり)。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「24時間駅伝」をもっと詳しく

「24時間駅伝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ