アニメ『ポケモンSM』サトシVSグズマ戦開始 加瀬康之、収録時の様子は「いい緊張感」

8月24日(土)12時0分 オリコン

アニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』第136話の場面カット

写真を拡大

 テレビ東京系列で放送中の人気アニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』(公式略称:ポケモンSM)の第136話「燃え上がる炎!ライバルはひとりじゃない!!」(25日 後6:00)の場面カットが24日、解禁。あわせて、主人公のサトシと対決するグズマ役の加瀬康之からコメントが寄せられた。

 現在アニメでは、アローラ地方で初の開催となる“アローラポケモンリーグ”の決勝トーナメントが行われており、準決勝でサトシとスカル団のボス・グズマの対決がスタート。自らが最強のトレーナーだということを認めさせるため、ポケモンリーグをぶっ壊すことに執念を燃やす“無敗伝説”を持つグズマに対し、サトシはアローラの人々や仲間たち、ククイ博士の想いを胸に秘め、“ゼンリョク”で立ち向かっていく。

 グズマ役の加瀬は印象深いエピソードについて「最初のサトシとのバトルと準決勝のサトシとのポケモンバトルですね」と告白。サトシと対決する収録時の様子については「いい緊張感で収録が進んでたように思います。ああいう時って、しゃべってない周りの方たちのほうが緊張しますよね」と語った。

オリコン

「アニメ」をもっと詳しく

「アニメ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ