水卜アナ、マラソン特訓で“ラーメン断ち” 焼き肉は我慢せず「塩とコショウで…」

8月24日(土)22時6分 オリコン

初の総合司会ランナーに挑戦する水卜麻美 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 日本テレビの水卜麻美アナウンサーが24日、25日に放送される毎夏恒例『24時間テレビ42』(後6:30)の『24時間駅伝』でチャリティーランナーに決定。スタートを前に、会場となる東京・両国国技館にて囲み取材に参加した。「一番小さいサイズです」とTシャツの袖をつまみ少しスマートになった印象の水卜アナ。現在“ラーメン断ち”をしているそうで、ともに挑戦するハリセンボン近藤春菜(36)と「終わった後なにを食べたいか毎日話してる。春菜さんはカツ丼って言ってたかな?私はラーメンライス餃子セット。それを楽しみに頑張りたい」と気合いを入れた。

 また、完走の“ご褒美”については「アナウンス部のメンバーはみんな知ってるんですけどびっくりするほど終わった後に焼き肉の予定が入っている」とうれしそうに明かし、「焼き肉は食べてます。赤身中心で…あとライスをつけてない。タレをつけずに塩コショウで食べてる。なのでタレをバシャーンつけて米をボーンと食べたい!」と思わず声が弾んだ。

 『24時間駅伝』ではチャリティーランナーを務める春菜が第一走者として午後8時28分にスタート。春菜と第二走者となるガンバレルーヤ・よしこ(28)が32・195キロ、第三走者として水卜がアンカーのいとうあさこ(49)にたすきをつなぎ、ともにフルマラソンの42・195キロに挑む。

 気になる体重は「実は数字的にはそこまで…」と明かさなかったものの「筋量がガツンと増えて、史上最高の数『痩せた』と言われた気がします」とホクホク顔。それもそのはずで6月からスタートした特訓ではすべて合わせて265キロを走破。努力家な一面をみせ「2日1回か3日に1回、週3回くらいは必ず走るって課して、出張先でも。1回の距離は長いものではないんですけど筋トレは毎日やる。積み重ねてきたものの自信はあります」と胸を張った。

 今年の『24時間テレビ』のテーマは「人と人 〜ともに新たな時代へ〜」。会場を両国国技館へと移し、嵐が6年ぶり史上最多5回目のメーンパーソナリティーを担当。チャリティーパーソナリティーを浅田真央が務めている。

オリコン

「水卜麻美」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「水卜麻美」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ