1ヶ月以上サービス停止のスマホゲー、公式がようやく事情説明で謝罪「ハッカーの攻撃により…」

8月24日(土)21時46分 オリコン

サービス一時停止の理由を説明したゲーム『戦姫コレクション〜戦国乱舞の乙女たち〜』

写真を拡大

 7月21日夜よりプレイできずにいたスマートフォン用ゲーム『戦姫コレクション〜戦国乱舞の乙女たち〜』が24日、約1ヶ月ぶりに公式ツイッターを更新し「2019年7月21日をもちましてサービス一時停止いたしました」とアナウンスをし、プレイヤーに一時停止の理由を1ヶ月以上も説明しなかったことに「遅くお知らせとなりましたこと、誠に申し訳ございません」と謝罪した。

 7月21日午後11時に緊急メンテナンスが入り、そこからゲームがプレイできない状況が続いてきた理由について「2019年7月21日の夜、『ハッカー』の攻撃により戦姫コレクションのサーバ、またサイトサーバがクラッキングされ、その後の攻撃も止めることなく続いていましたので、クラッキングを更なる厳重な状況にさせないため、プレイヤー様のデータとプライバシーのために、一時的にサービスを緊急停止することにしました」と経緯を説明した。

 サービスの一時停止に至った決断については「これまで、より良いサービスを提供できるように運営体制、施策の準備など目指してまいりましたが、技術的な原因が発生しており、現在の事情、今後の運営を考慮した結果、誠に残念ではございますがサービスの一時停止という決断に至りました」とし「様々なイベントを最後までご提供できなくなってしまったことを、心よりお詫び申し上げます」と伝えた。

 また、払い戻しについて「『判金』の払い戻しには、法令に従い対応いたします。購入分『判金』のみが対象となります。アイテム(判金)を購入した方、一定期間にApp Store/-GooglePlayでキャンセルことができます」とし「今までご愛顧いただきましたお客様には深く御礼申し上げますとともに、突然の一時停止告知となったことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 これにネット上では「対処が遅れている理由も発表せずに謝罪するだけじゃ待たされてた消費者は納得するわけない」「仮にゲーム自体はハッカーに攻撃されたのが本当だとしても、Twitterは更新できるでしょ…」などの声があがっている。

オリコン

「スマホゲーム」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「スマホゲーム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ