『24時間駅伝』第1走者はハリセンボン春菜 加藤浩次が号砲「ペースゆっくりな」

8月24日(土)22時9分 オリコン

第1走者・近藤春菜がスタート (C)日本テレビ

写真を拡大

 人気グループ・嵐がメーンパーソナリティーを務める日本テレビ系毎夏恒例『24時間テレビ42』(8月24・25日放送)における『24時間駅伝』が、24日の午後8時29分に関東近郊でスタートした。今年は4人がタスキをつなぐ駅伝方式で行われ、ハリセンボン・近藤春菜(36)、ガンバレルーヤのよしこ(28)、総合司会の水卜麻美アナ(32)、いとうあさこ(49)の順で走行。第1走者の春菜を激励するため、『スッキリ』で共演している加藤浩次がスターターとして登場した。

 加藤が登場すると、春菜はびっくりした様子で「えー。『スッキリ』で森さんは実況、水卜ちゃんと私は走るから『加藤さんは何をしますか?』って聞いたら、家族で温泉って言っていたのに」とポツリ。加藤は「キャンセルしてきましたよ」と笑顔を見せながら「水卜ちゃん(走るとなると)月曜日、オレ『スッキリ』ひとりでやることになる(笑)。いいよ。ゆっくり休んでいい。その代わり、きょうは本気で頑張って。頑張ろう春菜。ペースゆっくりな」とやさしく呼びかけ、号砲を鳴らした。

 走行距離については、猛暑による熱中症や、ケガのリスクなども考慮して、いとうと4人目のランナーが42・195キロ、春菜とよしこが32・195キロを走ることから、タスキリレーの総走行距離は(32.195キロ×2)(42.195×2)= 148.78 キロ。毎年恒例の日本武道館が20年の東京五輪・パラリンピックへ向けた改修工事のため、初めて東京・両国国技館のゴールを目指す。

■過去10年の『24時間テレビ』マラソンランナー
第32回(2009年)イモトアヤコ
第33回(2010年)はるな愛
第34回(2011年)徳光和夫
第35回(2012年)佐々木健介&北斗晶ファミリー
第36回(2013年)大島美幸(森三中)
第37回(2014年)城島茂(TOKIO)
第38回(2015年)DAIGO
第39回(2016年)林家たい平
第40回(2017年)ブルゾンちえみ
第41回(2018年)みやぞん(ANZEN漫才)

オリコン

「駅伝」をもっと詳しく

「駅伝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ