あのスクーター・ブラウンが、テイラー・スウィフトの新アルバム「Lover」を絶賛! ファンたちの心境は…?

8月24日(土)15時34分 tvgroove

スクーター・ブラウンと、テイラー・スウィフト

人気歌手テイラー・スウィフトが、8月23日(金)に通算7枚目となる待望の新アルバム「Lover」をリリース。世界中のファンやセレブたちが同アルバムを絶賛する中、なんとあのスクーター・ブラウンも「Lover」リリースを祝福するツイートをし、話題となっている。E!Newsなどが伝えている。

今年6月、ジャスティン・ビーバーアリアナ・グランデらの敏腕マネージャーとして知られるスクーター・ブラウンが、カントリー・ミュージックに特化したレコード会社「ビッグ・マシーン・レコード」を約300億円で買収したことがニュースとなった。テイラー・スウィフトは同レコード会社に昨年まで所属しており、彼女の過去の楽曲の原盤権が同社にあるため、実質彼女の過去の楽曲の権利がスクーターのものとなった。テイラーは「ビッグ・マシーン・レコード」に不当な扱いを受けたことや、これまでスクーターに長年イジめられてきたことをSNS上に書きつづり、スクーターに楽曲の版権を奪われてしまうことの悲しさを書きつづった。

多くのセレブがテイラーのサポートをする一方、スクーターの関係者はスクーターをサポート。また「ビッグ・マシーン・レコード」のCEOは、テイラーの言い分には間違っている点があると指摘し、反論文を公開。両者の言い分は真っ向から対立していた。

そんな中、テイラーが、新アルバム「Lover」をリリース。するとスクーターがツイッターで「どんなことを言われたかは関係なく、真実は、あなたは信じ続けていたに違いないということ。『Lover』はすばらしいアルバムだ。おめでとうテイラー。サポートはいつだって健全なオプションであったよ。すばらしいアルバムですばらしいキャンペーンだ。おめでとう」と、これまでテイラーとの問題に一切コメントしてこなかったスクーターが、ついに口を開き、そしてテイラーのアルバムを称えた。

テイラーとの仲を良くしたい様子のスクーターだが、これを読んだファンたちは「サポートってリベンジポルノのこと?(スクーターのクライアントであるカニエ・ウェストの『フェイマス』のMVのこと)」「サンキュー、ネクスト」「ねずみはねずみ」「テイラーはあんたからの祝福は求めてない」「私たちファンのこともバカにしているの?」などと、スクーターを批判するコメントを多く投稿している。またテイラー本人はスクーターのこのツイートには一切何も反応していない。

テイラーは、「Lover」のリリース前日、アメリカの朝の番組「Good Morning America」に出演し、過去のアルバム1〜5作品を2020年11月から再レコーディングし、新たなものの版権を自分が所有することを明らかにした。次のステップに進んだテイラーだが、スクーターや「ビッグ・マシーン・レコード」との問題は解決できるのか気になるところではある。

tvgroove

「スクーター」をもっと詳しく

「スクーター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ