「24時間駅伝」春菜からよしこへ! たすきリレーで抱き合う

8月25日(日)2時35分 マイナビニュース

日本テレビ系大型特番『24時間テレビ42』(24日18:30〜25日20:54)で「24時間駅伝」を開催中。25日2時10分、第1走者のハリセンボン・近藤春菜から第2走者のガンバレルーヤ・よしこにたすきがつながった。

第1走者の春菜は24日20時29分、関東近郊でスタート。23時ごろの中継で、15キロ過ぎから歩く場面も出てきたと伝えられるなど厳しい時間帯もあったが、終盤に再びペースアップし、25日2時10分に32.195キロを走り切った。

たすきリレー地点で、春菜とよしこは抱き合ってハイタッチ。春菜が「行ってらっしゃい」と送り出すと、よしこは「頑張ります」と出発した。

今年のチャリティーマラソンは、4人でつなぐ駅伝方式で実施。第1走者・春菜、第2走者・よしこ、第3走者・水卜麻美アナ、アンカー・いとうあさこの4人でたすきをつなぎ、ゴールの両国国技館を目指す。水卜アナの参加は、駅伝スタート時に発表された。

走行距離は、春菜とよしこが32.195キロずつ、水卜アナといとうが42.195キロずつ、総走行距離は148.78kmとなる。

(C)NTV

マイナビニュース

「駅伝」をもっと詳しく

「駅伝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ