嵐、180人の高校生ブラスバンドと「GUTS!」水卜麻美アナに迫力パフォーマンスでエール<24時間テレビ42>

8月25日(日)13時57分 モデルプレス

「嵐×高校生ブラスバンド甲子園」(C)日本テレビ

写真を拡大

【モデルプレス=2019/08/25】24日より放送中の日本テレビ系「24時間テレビ42 愛は地球を救う」(25日20時54分まで)。25日には「嵐×高校生ブラスバンド甲子園」が行われた。

甲子園を熱い応援で盛り上げたブラスバンド。日本大学第三高等学校・八王子学園八王子高等学校・東海大学付属高輪台高等学校の180人を超える吹奏楽部が、「ヒットファンファーレ」「どか〜ん」「サウスポー」「エル・クンバンチェロ」「ダンシング・ヒーロー」「バッテリー」「サンバ・デ・ジャネイロ」「パラダイス銀河」「恋」「ルパン三世のテーマ」「アフリカン・シンフォニー」をメドレーで演奏し、“GO GO 水卜ちゃん”などのパネルとともにこの時間に「24時間駅伝」で走っている水卜麻美アナウンサーにエールを送った。

そして、最後の曲「GUTS!」のイントロが流れると、嵐メンバーもステージに登場。5人はブラスバンドの演奏の中、歌とダンスで力強いコラボレーションを披露し、迫力のあるパフォーマンスで水卜アナを応援した。

◆嵐とコラボした3校とは

日本大学第三高等学校は、出場回数37回、全国優勝3回の甲子園常連。吹奏楽部のドラムセットを使用したダイナミックかつリズムカルな応援、チアガールのキレキレのダンスが特徴。

八王子学園八王子高等学校は、2016年に夏の甲子園に初出場。吹奏楽部は、全日本吹奏楽コンクール東京代表として6度出場の強豪校。演奏に加えて、プラカードや傘を使用した工夫を凝らしたパフォーマンスが特徴。今回、24時間テレビのために手作りしたアイテムでも会場を盛り上げた。

東海大学付属高輪台高等学校は、3校の中で唯一甲子園に出たことがないが、2018年全日本マーチングコンテスト金賞を獲るなど活躍している吹奏楽部。マーチング全国1位のフォーメーションも披露した。

◆「24時間テレビ42 愛は地球を救う」

今年のテーマは「人と人 〜ともに新たな時代へ〜」。メインパーソナリティーは嵐、チャリティーパーソナリティーは浅田真央が務める。

また、毎年恒例となっている24時間テレビチャリティーマラソンだが、今年は4人でタスキをつなぐ初の駅伝形式『24時間駅伝』。近藤春菜ハリセンボン)、よしこ(ガンバレルーヤ)、水卜アナ、いとうあさこがタスキをつないでゴールの国技館を目指す。

なお、25日20時54分まで放送予定(※放送内容・時間は変更の可能性あり)。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「ブラスバンド」をもっと詳しく

「ブラスバンド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ