『ジオウ』仮面ライダーゲイツのスピンオフ決定 最終回のその後を描く ソウゴやウォズも出演

8月25日(日)9時30分 オリコン

Vシネクスト『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』のビジュアル(C)2020 石森プロ・ADK EM・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

写真を拡大

 テレビ朝日系で放送され、25日に最終回を迎えた『仮面ライダージオウ』(毎週日曜 前9:00)のスピンオフ作品Vシネクスト『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』が来春に期間限定公開されることが同日に発表された。

 平成仮面ライダーシリーズ第20作記念にして、「平成」最後の作品となった『仮面ライダージオウ』。「王様になりたい」という夢を持つソウゴ(奥野壮)は、未来からやってきた明光院ゲイツ(押田岳)、ツクヨミ(大幡しえり)、ウォズ(渡邊圭祐)との出会いによって、50年後の世界では、自分が世界を支配する魔王・オーマジオウとなっていることを知った。

 だがソウゴは、サイテーサイアクの魔王ではなく、最高最善の魔王になることを宣言。自らの運命を変え、人々が平和に暮らせる未来を作るべく、仮面ライダージオウとして戦い続けた。

 今回、決定したスピンオフの主役は仮面ライダーゲイツ/ゲイツ。大好評のまま迎えた最終回の、その後の物語となる。2号ライダーとして存在感を放っていた押田演じたゲイツを中心に、テレビシリーズで主演を務めた奥野演じた仮面ライダージオウ/常磐ソウゴや、大幡しえり演じたツクヨミ、渡邊圭祐演じた仮面ライダーウォズ役/ウォズらメインキャストも引き続き出演する。ゲイツ、ソウゴ、ツクヨミ、ウォズたちがどのような新しい歴史を刻んでいくのか、期待がかかる。

 また、来年4月22日にBlu-ray&DVDがリリースされるほか、作中で登場する変身アイテム「DXゲイツマジェスティライドウォッチ」が付属したマジェスティライドウォッチ版も同時発売されることが決定。さらに、これまでの「Vシネクスト」シリーズのヒットを受け、本作も映画館での期間限定プロモーション上映が行われる。

 特報映像では「ライダー救世主伝説」というバックに白ウォズが登場。また、ゲイツがソウゴ、ツクヨミ、ウール、オーラと学園生活を楽しむ様子や「俺に力をくれ!」と叫びながら変身する様子が映し出された。

オリコン

「仮面ライダー」をもっと詳しく

「仮面ライダー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ