キンコン西野が製作総指揮 『映画 えんとつ町のプペル』クラウドファンディング1億円突破

8月25日(火)14時55分 オリコン

『映画 えんとつ町のプペル』メインカット(C)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会

写真を拡大

 お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が製作総指揮・原作・脚本を務める『映画 えんとつ町のプペル』(12月公開)へのクラウドファンディングが1億円を突破したと24日、発表された。

 本作は、西野が2016年に発売した同名の絵本が原作。絵の世界観と大人も泣ける物語の展開が人気を集め、45万部を超えるヒットを記録している。煙突だらけの『えんとつ町』が舞台で、黒い煙に覆われた町で日々を過ごす住人は、青い空や輝く星も知らない。そんな町に生きる、親を亡くした少年・ルビッチのもとにハロウィンの夜にゴミ・人間プペルが現れ、2人にある奇跡が起きる物語が描かれている。

 クラウドファンディングは、2月26日から期間を区切りながら実施され、これまでに3万3000人を超えるサポーターが支援。総額は1億円を突破した。西野は、日本全国の子どもたちに映画チケットをプレゼントしたいと考えており、サッカースクールや野球チーム、ダンス教室や習字教室、児童発達支援センターなど各地のコミュニティに声をかけ、クラウドファンディングを開始した。

 そして、1億円突破を記念し、子どもだけでなく大人へも応募者全員にムビチケをプレゼントするキャンペーンの実施が決定。期間は8月末まで。

■西野亮廣コメント
『映画 えんとつ町のプペル』を全国の子どもたちにプレゼントするクラウドファンディングでは本当にたくさんのご支援をいただき、さらには、先日公開した特報も大変な反響で、制作スタッフ一同さらにスイッチが入っております。
今年は新型コロナウイルスによって世界中が大きな傷を負いました。今、僕たちにできることは、感染防止に細心の注意を払いつつ、エンターテイメントを届け、ひとつでも多くの笑顔を作ることだと考えています。映画公開まで、もう少し頑張りたいので、今回このような企画をご用意させていただきました。
どれだけ応募が来るのか皆目見当がつきませんが、必ずなんとかしますので、遠慮せずにご応募ください。今年は必ず笑顔で終わらせます。

オリコン

「指揮」をもっと詳しく

「指揮」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ