Mリーグ・渋谷ABEMASの4選手が小学生と交流「逆にパワーもらった」「子どもの吸収力がスポンジ」

8月26日(月)12時4分 AbemaTIMES

 学生麻雀連盟、一般社団法人Mリーグ機構の共催による「SMA学生麻雀フェス2019」が8月26日に都内で行われ、プロ麻雀リーグ「Mリーグ」の渋谷ABMEASに所属する4選手が、小学生麻雀教室で未来のMリーガー候補とも言える小学生たちと触れ合った。

 渋谷ABEMASの多井隆晴(RMU)、白鳥翔(連盟)、松本吉弘(協会)、新加入の日向藍子の4選手は集まった小学1〜5年生たちと同卓しながら、初心者向けに指導。それでも、想像以上にレベルの高い小学生が集まったこともあってか、約2時間の教室の終盤には、通常対局さながらの戦いも見られた。チームリーダーである多井は「最近勝てていなかったんですが、逆に子どもたちからパワーをもらいました。子どもたちのヒーローになりたいと思います」と、9月30日から始まる2019シーズンに向けて、気持ちを新たにしていた。

 また、参加した小学生の親からは「選手のTwitterでイベントを知りました。日向プロのお話がおもしろかった」「子どもは小学1年生なのですがMリーグを見ています。リーチとか、ロンっていう言葉に反応するみたいで。こういう機会があれば、また来たいと思います」と満足した様子だった。

各選手のコメント

多井隆晴 子どものレベルが本当に高くで、僕に1年間預けてくれたら、白鳥よりも強くできるんじゃないかと思うくらいでした(笑)次のシーズンでは、トップ1回取ったら何かなど、プロ野球やサッカーみたいな貢献活動も、やっていきたいと思っています。

白鳥翔 僕にとっても楽しいイベントでしたし、こんな日が来るのが夢でした。来シーズンは、8チーム中4チームのファイナルに、うちが入るのは確定だと思っています。

松本吉弘 あと10年、いや5年もしたら、すごく強い子が出てくるんじゃないかと思うくらい、子どもたちのレベルが高かったです。来期は、4人の麻雀を見ている人が、魂を揺さぶられるような、感動してもらえるような戦いをしたいです。

日向藍子 子どもたちの覚えが早くて、吸収力がスポンジみたいでした。3世代、4世代で楽しめるゲームはなかなかないと思うので、家族の方と一緒に麻雀をしてもらえればと思います。ファンの方と触れ合うと頑張るよりも「やってやるぞ!」と思える瞬間です。(リーグ開幕は)緊張より、今は楽しくなっています。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

(C)AbemaTV

▶【見逃し視聴】内川 VS 勝又 VS 佐々木 VS 藤崎 RTD TOURNAMENT 2019 Final 1・2回戦

▶決勝卓は2時間20分の大激闘! 【見逃し視聴】麻雀最強戦2019 男子プロ代表決定戦 悪魔の逆襲

AbemaTIMES

「交流」をもっと詳しく

「交流」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ