高校3年生のシンガーソングライターが初シングル 卒業後の進路は?

8月26日(月)11時0分 文春オンライン

 高校1年生の時、テレビのオーディション番組でチャンピオンを獲得、その後メジャーデビューを果たした歌手の琴音さん。高3の今夏、初シングル『今』をリリースした。



琴音さん


「テレビに出てから、学校でも“見ました!”と握手を求められたり(笑)、地に足がつかない時期がありました。でも、音楽好きの家族、そして仲のいい友達が以前と変わらずに接してくれたお陰で、今は落ち着いています」


『今』は作詞・作曲も琴音さんが手がけた。


「真面目な性格なのに剽軽(ひょうきん)なキャラクターを演じている人って結構多いですよね。私も小学生の頃、バカバカしいことを言って人の気をひこうとした時期がありました。大好きな歌を続けてきたせいか、今では自分をあまり偽らずにいられます。もし今、演じ過ぎることでつらい思いを抱えている人がいるとしたら、〈そのままでいいよ〉と背中を押してあげたくて作った曲です」


 高校卒業後の進路は?


「具体的には決まっていませんが、感覚だけで音楽をやってきたので、理論的な部分をしっかり学びたい、という思いはあります。たとえばツアー中、音響に違和感を覚えたら、どこを調整して欲しいかちゃんと伝えられるようになりたい。そうすれば、人に面倒をかけずに済みますし」



INFORMATION


『琴音 official site』

https://kotoneofficial.com/




(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年8月29日号)

文春オンライン

「高校」をもっと詳しく

「高校」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ