高さ9cmのアップライト型ミニ筐体ゲームに「テトリス」「ポールポジション」登場

8月26日(月)7時0分 J-CASTニュース

懐かしのゲームがコンパクトになって蘇る第3弾

写真を拡大

家庭用ゲームおよび玩具などを手がけるハピネット(東京都台東区)は、香港・スーパーインパルス製のミニ筐体ゲーム「TINY ARCADE(タイニー・アーケード)」シリーズ第3弾、「テトリス」「ポールポジション」を、2019年9月上旬に全国のゲーム販売店および玩具店などで発売する。


1.44型カラー液晶画面を搭載、プレイ画面やサウンドを忠実に再現



スーパーインパルスがゲームメーカー監修のもと正規ライセンスを取得して設計・製造したという、高さ9センチのアーケード型ゲーム機。



約1/18スケールに縮小したアップライト型ゲーム筐体に1.44型カラー液晶画面を搭載し、当時のプレイ画面やサウンドを忠実に再現したという。小さなレバーとボタンによる操作で、ゲームが実際にプレイ可能。裏側には携帯に便利なキーチェーンが付属する。



電源は単4形乾電池×3本(別売)。



第3弾となる今回は、列をそろえるとブロックが消滅して下へ詰まっていく、1988年作のパズルゲーム「テトリス」、アクセル・ブレーキ・ハンドル操作で疾走感のあるレースが楽しめる、82年作の「ポールポジション」2タイトル。



いずれも価格は2480円(税別)。

J-CASTニュース

「テトリス」をもっと詳しく

「テトリス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ